スターバックス コーヒー ジャパン

コーヒーの伝説

コーヒーの伝説

コーヒーの伝説

古代アラビアで、初めて野生のコーヒー豆を煎って飲んだときから、人々はこの“魔法の豆”を賞賛してきました。抽出方法や焙煎技術は当時と比べて進歩しているかもしれませんが、人々を活気づける力をもつコーヒーに対する思いと、コーヒー独自の重厚な風味は、ずっと変わらずに人々の間ではぐくまれてきました。

  • ヤギ飼いが発見したコーヒーの実
  • 聖職者に愛されたコーヒー
  • 世界中に広がるコーヒーの文化

ヤギ飼いが発見したコーヒーの実

あるヤギ飼いが、ヤギたちがいつもよりも元気に跳びまわっていることに気がつきました。どうやらヤギたちは、野生の低木についた赤い実を食べたようです。不思議に思ったヤギ飼いは、自分でもその赤い実を食べてみました。するとどうでしょう。みるみるうちに元気がみなぎってきました。ヤギを飼うという、長時間にわたる重労働をしているヤギ飼いは、もう大喜び。すぐに、この不思議な発見を人々に教えたそうです。
その後、数百年間。この土地の人々は、コーヒーを文化として日常生活の中に取り入れました。商人や巡礼者は、すりつぶしたコーヒーの実と動物性油脂を混ぜたものを、旅の栄養食として持ち歩いていたと言われています。

聖職者に愛されたコーヒー

コーヒーの抽出を最初に試みたのは、アラブの聖職者たちでした。
その方法は、コーヒー豆を焦がしてお湯に浸すというものでした。聖職者たちは、その元気の出るコーヒー液を飲んで長い祈祷に臨んだそうです。

世界中に広がるコーヒーの文化

16~17世紀にかけて、いよいよヨーロッパにコーヒーが伝わります。1554年にはイスタンブールに、1683年にはベニスに、それぞれコーヒーハウスがオープンしました。このようなコーヒー人気を受けて、1650年にはロンドンでも最初のコーヒーハウスが誕生しています。
ヨーロッパのコーヒーハウスは、知識人、政治家、地元の市民たちがコーヒー一杯で議論や会話を楽しむ場所となりました。
その後、数十年でコーヒーハウス文化はヨーロッパ全土に拡大。ついに植民地だったアメリカにも上陸します。かの「ボストン茶会事件」の策略もアメリカのコーヒーハウスの一つ、“グリーンドラゴン”で練られました。イギリス国王の独断によって高い関税を強いられた紅茶に抗議することの方が、コーヒーを楽しむことより大切だったのでしょうか。
やがて世界中でコーヒーの人気が高まるにつれ、コーヒー豆の需要も増加してきました。17世紀末、オランダ人がジャワ島(インドネシア)で大規模なコーヒー栽培を開始。その数十年後にはフランス人がコーヒーの挿し木をマルティニク島に持ち込み、そして南アメリカにもコーヒーが上陸しました。今日、コーヒーのプランテーション(栽培地)はアフリカ、東南アジア、アメリカ大陸へと拡大、世界中のコーヒーの大半を供給しています。

コーヒーへのこだわり あなたの“一杯”にたどり着くまでのストーリー