スターバックス コーヒー ジャパン

沿革(2001~2005年度)

沿革(2001~2005年度)

沿革(2001~2005年度)

2001年度
日本JAPAN
4月
北海道・札幌に北海道地区第1号店「札幌パルコ店」をオープン。
5月

写真:小田急ハルク店

コーヒー豆と抽出器具の販売に特化した専門店スターバックス ホールビーンストア第1号店「小田急ハルク店」を東京・新宿にオープン。

5月
甲信越地区第1号店「新潟万代シティ店」(新潟県新潟市)をオープン。
10月
大証ナスダック・ジャパン市場(現:JASDAQ)に上場。
10月
第300号店「新大阪ニッセイビル店」(大阪市淀川区)をオープン。
11月
営団地下鉄日本橋駅構内にテイクアウト専門店「日本橋メトロピア店」がオープン。
2月
四国地区1号店「高松丸亀町フェスタ店」(香川県高松市)をオープン。
3月

写真:写真:抹茶 クリーム フラペチーノ®

上質な抹茶を贅沢に使った「抹茶 クリーム フラペチーノ®」を販売開始。

日本における店舗数(2002年3月末現在):345

2002年度
アメリカUS
世界での店舗数が5,000店を超える。
日本JAPAN
4月
北陸地区第1号店「香林坊109店」(石川県金沢市)をオープン。
6月
沖縄地区第1号店「那覇国際通り牧志店」(沖縄県那覇市)をオープン。
9月

写真:横浜シァル店

第400号店「横浜シァル店」をオープン。

12月
プリペイド式磁気カード『スターバックス カード』を日本国内で導入開始。
3月
ボランティア団体メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンと共同で「スターバックス コーヒー/メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン パートナーシップ プログラム」を開始。
日本における店舗数(2003年3月末現在):453
2003年度
日本JAPAN
4月

写真:西友楽市守谷店

国内初のドライブスルー型店舗「西友楽市守谷店」(茨城県守谷市)をオープン。

4月

写真:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

本に囲まれた空間を楽しむ「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店」他2店舗を六本木ヒルズ(東京都港区)にオープン。

6月
長野県第1号店にて初日売上の世界記録を更新。
9月
フードメニューと店舗スペースがユニークな大型店舗「玉川高島屋S・C店」(東京都世田谷区)をオープン。
11月
「名古屋 伏見 ATビル店」(名古屋中央区)の出店をもって店舗数500を達成。
日本における店舗数(2004年3月末現在):514
2004年度
アメリカUS
コーヒー豆生産の技術支援を目的としたスターバックスファーマーサポートセンターをコスタリカ サンホセに設立。限定地域・限定数量のみで収穫される希少コーヒー豆「ブラックエプロンエクスクルーシブ」ラインを初めて販売。
日本JAPAN
7月

写真:ETHIOPIA GEMADRO ESTATE

出店戦略強化のため、ライセンス事業開始を発表。

9月
アスクル株式会社を通じて、オフィス向け商品販売を開始。
9月
「2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会」を支援することを発表。
12月
ライセンス店舗第1号店「羽田空港第2ターミナル ゲートエリア店」をオープン。
2月
小面積対応の新コンセプト店舗第1号店「渋谷セルリアンタワー店」(東京都渋谷区)を オープン。
2月
イチロー・スターバックス カードの取り扱いを開始し、売上の一部を子供たちの夢や将来に寄付することを発表。
3月
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社とBook & Café コンセプトの店舗展開に合意。
日本における店舗数(2005年3月末現在):551
2005年度
アメリカUS
ミネラルウォーター事業強化のためにエソス・ウォーター社を買収。世界での店舗数が10,000店を超える。
日本JAPAN
9月

写真:ディスカバリーズ®

世界初のスターバックス ブランド チルドカップコーヒー「スターバックス ディスカバリーズ®」を1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)のコンビニエンスストアで販売開始。

3月
第600号店「イオンナゴヤドーム前店」(名古屋市東区)をオープン。
日本における店舗数(2006年3月末現在):602