スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2001/08/02)

プレスリリース(2001/08/02)

プレスリリース(2001/08/02)

2001/08/02

スターバックス コーヒー ジャパン5周年記念についてのご案内




スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:角田雄二)は、本日8月2日、日本市場における店舗展開においてお蔭様で5周年を迎えましたのでここにお知らせいたします。

1996年、東京・銀座に第1号店をオープンして以来、この5年間で日本市場における店舗数は、本日現在で273店舗となり、その展開エリアも全国23都道府県にまで拡大いたしました。
2000年度は110店舗の出店を果たし、1週間に平均2店舗以上のスピードで出店いたしました。またスターバックス コーヒー ジャパンは、スターバックス コーヒーが展開している世界21市場の中で、北米に次ぐ規模の市場に発展し、着実な成長を続けています。

スターバックス コーヒー ジャパンのきわめて順調な成長の背景には、多くのお客様や店舗周辺地域社会の皆様のご支援があり、また共に情熱を傾けて日々仕事に取り組むパートナー(弊社従業員)の努力の結果であると自負しております。1号店オープン当初からご提案している“サードプレイス”、そして“スターバックス エクスペリエンス”は、既に多くのお客様の生活に定着いたしました。また一方では、多店舗展開に伴い多くの人材を採用し、教育にも常に力を注いでまいりました。特に、「コーヒーアンバサダープログラム」というコーヒースペシャリスト育成プログラムを構築し、世界に先駆けて今春導入に至りました。現在正社員パートナー約1400名、アルバイトパートナー約7000名が、お客様の信頼の維持及び向上に日々力を注いでいます。

今後の中期目標としては、2003年度末までに500店舗展開を目指し、スペシャルティ コーヒーストアのリーディング企業として成長しながらも、世界最高級のコーヒーを提供することに邁進して参ります。また着実な成長の一方で、企業の社会的責任をも重視して参ります。日本国内のみならず、コーヒー生産地の人々の生活、経済、環境の向上を目的に、5周年を記念して2種類のコーヒー豆(メキシコ、チアパス地方原産のシェイド グロウン“日陰栽培”メキシコとパナマ、チリキ地方原産のパナマ サン ベニート)を今秋より国内全店で発売致します。また5周年の記念に、サイレンのロゴマークと「五」をデザインした記念腕時計(2種/合計5,000個限定/各5,000円・税別)を、8月16日より国内全店にて販売致します。