スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2010/08/18)

プレスリリース(2010/08/18)

プレスリリース(2010/08/18)

2010/08/18

スターバックスの原点の名を冠したコーヒー豆 『パイクプレイス ロースト』 10月1日登場
~ 限定タンブラーやマグカップなどのサーブウェアが同時発売 ~

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者(CEO):岩田松雄)は、2010年10月1日(金)、スターバックス コーヒーの原点の名を冠したコーヒー豆 『パイクプレイス ロースト』 をはじめ、その誕生を記念したタンブラーやマグカップなどのサーブウェアを発売いたします。

 

 

スターバックスがコーヒー豆の量り売りの専門店として、アメリカのシアトルにあるパイクプレイスマーケットの一角に第1号店を開いたのが1971年。それから約40年の月日を経て、スターバックスの原点の名を冠した、スターバックスの歴史とこだわりが詰まったコーヒー豆が登場します。

 

「パイクプレイス ロースト」は、カカオや炒ったナッツのような香ばしさに柔らかな酸味を併せ持つ、丸みを帯びた口当たりと滑らかな後味が特徴のコーヒー豆です。また、「パイクプレイス ロースト」の発売を記念して、限定販売のタンブラーやマグカップなどのサーブウェアも登場します。

 

パイクプレイスシリーズには、スターバックス創業当時のロゴマークがデザインされています。今ではパイクプレイスの第1号店のみで使用されているもので、現在のロゴマークの原型です。ロゴの中央には、ギリシャ神話に出てくる2つの尾を持つ人魚"セイレン(サイレン)"が描かれています。美しい歌声で船乗りを誘惑し、心を奪ってしまうという伝説の海の精で、コーヒーで人々を魅了したいというスターバックスの思いが込められています。

 

 

 

 

【パイクプレイス ロースト (Pike Place Roast)】

 

■価格:1200円 / 250g (税込)
■発売:2010年10月1日(金)
■取扱店舗:日本国内のスターバックス コーヒー店舗
※一部店舗では取り扱いがありません
※10月1日より11月1日まで毎日朝時間帯を中心に、全国の店舗(一部店舗除く)にて、ドリップコーヒーとしてご提供いたします

 

 

 

 

 

(左から)パイクプレイススタンプタンブラー8oz(240ml) ¥1,200、パイクプレイスロゴタンブラー12oz(350ml) ¥1,300、パイクプレイスクラシックマグ(370ml) ¥1,100、パイクプレイス To Goカップマグ(390ml) ¥1,100、

コレクタブルデミ パイクプレイス To Go ¥500、パイクプレイスタンブラー12oz(350ml) ¥1,300、

パイクプレイスセピアタンブラー16oz(470ml) ¥1,400、パイクプレイスマーケットマグ(440ml) ¥1,100 ※全て税込

 

 

 

【パイクプレイス店】

1971年、スターバックス 1号店としてアメリカ ワシントン州 シアトルのパイクプレイス マーケットにオープン。当初は高品質なコーヒーを求める人のためのコーヒー豆専門店でした。現在ではここでしか見ることのできないロゴマークの看板や、創業当時の雰囲気がそのまま残されている店舗は、素朴で活気のあるマーケットの雰囲気に溶け込んでいます。地元の方や観光客など、多くの人々に愛されている、そんな場所になっています。

 

 

 

【ロゴマークの変遷】

 

1971年

 

 

 

1987年

 

 

1992年