スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2011/10/13)

プレスリリース(2011/10/13)

プレスリリース(2011/10/13)

2011/10/13

東日本大震災の被災地への復興支援を今後も継続的に実施
~スターバックス創業者 ハワード・シュルツ仙台視察 更なる貢献を誓う~

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者(CEO):関根 純) は、今後も東日本大震災の被災地への復興支援を継続してまいります。
10月13日、スターバックスの創業者でありスターバックス・コーポレーション (本社:米国シアトル) の会長兼最高経営責任者(CEO)であるハワード・シュルツは仙台を訪れ、東日本大震災によって被災したパートナー (従業員) を支援すべく設立された一般財団法人「CUPファンドジャパン」に、個人で100万ドルを拠出することを発表しました。
また、スターバックス・コーポレーションからも25万ドルが拠出されます。被災したパートナーを、パートナーの募金を基に支援をすることで、継続して被災地の復興をサポートしてまいります。

CUPファンドジャパンは、東日本大震災を契機に、地震などの天災によって被災したスターバックス コーヒー ジャパンのパートナーを支援すべく、パートナーによって設立された一般財団法人です。相互扶助の精神に基づき、被災したパートナーを、パートナーの募金を基に支援をする仕組みとし、支援を希望するパートナーから継続的に募金を集め、その積み立てた資金を基に、地震などの天災が起こった際には、被災したパートナー全員に対し募金実績の有無に関わらず支援を行います。

“CUPファンド”の“CUP”とは、Caring Unites Partners の頭文字をとったものです。1999年にはじめてアメリカのパートナーによって設立され、現在ではアメリカ、カナダ、中国のスターバックスで運営されています。パートナーが自らの意思に基づいておこなう寄附によって資金運営をしながら、天災などの不測の事態による被害が発生した場合には、被災したパートナーに資金援助を行い、社会的自立への一助となることを目的に活動しています。

本日、ハワード・シュルツは、被災地仙台を訪れ、東北を含む被災地のスターバックス52店舗のパートナーに会い、日本でのCUPファンドの設立を伝えました。

「皆さんパートナーは、私たちのビジネスの中心です。日本に上陸して15年、このような“CUPファンド”を日本で設立できることを、心から誇りに思います」 (スターバックス・コーポレーション 会長兼最高経営責任者(CEO) ハワード・シュルツ)

スターバックスは、これまでも東日本大震災の被災者支援として、日本赤十字社を通じ約1億円の義援金を送りました。また被災地の仮設住宅にコーヒーをお配りして被災した方々にほっとしたひと時を過ごしていただく「道のカフェ」や、音楽とコーヒーを通じて被災地に応援メッセージを届ける「STABUCKS CHARITY ACOUSTIC LIVE TOUR」などの取り組みを行いました。スターバックスでは今後も、継続的に被災地の復興支援を行ってまいります。

 

<CUPファンドジャパンに関して>

● 設立形態及び名称

一般財団法人 CUPファンドジャパン

● 設立の目的

地震、津波、火事、その他予測のつかない天災によって災害に見舞われた際に、被災したパートナーの救済と自立支援のための資金提供を目的とする
国、自治体、赤十字社、事業主、健康保険組合、その他民間保険会社などの支援や保険支払いなどで十分に補填・補償されない損失に対して支払いを行い補助的な支援を行う

● 基金への資金提供の方法

CUPファンドの考え方・運用に賛同したパートナー (従業員:社員・契約社員・アルバイト) が毎月一定額を継続的に拠出する
CUPファンドは、スターバックス コーヒー ジャパンが各パートナーから預かった募金を受け入れ、積み立てる

● CUPファンド ジャパンによる救済対象者

被災したスターバックス コーヒー ジャパンの全パートナー (但し在籍者とする)

 

<スターバックス コーヒー ジャパンの震災後の主な被災地支援取り組み>

実施日 タイトル 内容
3月16日 義援金寄付 スターバックス・コーポレーション及びスターバックス コーヒー ジャパンが、米赤十字社および日本赤十字社を通じ1億円を寄附
4月1日~
9月30日
店頭募金 店頭にて被災地支援のための義援金募金を受付ける活動を行い、お客様から寄せられた 32,275,068円を日本赤十字社に寄附予定 (現在手続き中)
5月26日~
6月15日
STARBUCKS CHARITY ACOUSTIC LIVE TOUR 全国12店舗でアコースティックライブを開催。義援金の呼びかけや、応援メッセージフラッグの制作などを行い、コーヒーと音楽を通して応援メッセージを被災地へ届けた
7月23・24日/
10月1・2日
道のカフェ 陸前高田市や気仙沼市において、移動式のサンプリングカーによる青空カフェを実施。スターバックス コーヒー ジャパン、公益財団法人
松下政経塾、キャノン株式会社が共同で企画運営
http://www.michinocafe.com/
8月9日 スターバックス ヴィア®寄贈 NPO法人セカンドハーベスト・ジャパンを通じてスターバックス ヴィア® 3万本を被災地へ寄贈