スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2016/10/20)

プレスリリース(2016/10/20)

プレスリリース(2016/10/20)

2016/10/20

スターバックス コーヒー ジャパン
国内初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2018年に東京でオープン

世界的建築家 隈研吾氏 コーヒーの世界を五感で体験できる店舗の設計をリード

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 〔本社所在地: 東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO): 水口 貴文〕 は本日、国内初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2018年に東京都・中目黒で展開することを発表しました。

「スターバックス リザーブ ロースタリー(以下ロースタリー)」は、世界的建築家であり、東京大学隈研究室を立ち上げた隈研吾氏とのコラボレーションにより設計され、お客様に今まで体験したことがないコーヒーの世界を存分に味わっていただける空間となっています。敷地面積1,200平方メートルの広さを誇るこのロースタリーでは、世界中から調達した最も個性的なコーヒーの焙煎と抽出を五感で感じながら、生豆が運ばれてくるところを見るだけでなく、スターバックスのコーヒースペシャリストやマスターロースターとの会話や、厳選された手作りのビバレッジをお楽しみいただけます。またこのロースタリーでは、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのフードやパンも取り扱う予定です。

シアトルに2014年にオープンしたロースタリー1号店はスターバックスの歴史上最も成功した出店の一つでした。以来、2017年の上海、2018年のニューヨークと、スターバックスは次々とロースタリーの出店を発表してきました。今回の東京は世界で4番目のロースタリーとなります。

「1996年、北米以外の初のマーケットとして出店した日本は、スターバックスにとって重要かつダイナミックなコーヒーマーケットです。これまでにない形でコーヒーの素晴らしさを賞賛することができる、ユニークで斬新なコーヒーの世界に心ゆくまで浸かることのできるような店舗体験をお客様に提供できることを誇りに思います。隈研吾氏とのコラボレーションによって、日本のお客様にスターバックスのコーヒーとパートナー(従業員)をさらに身近に感じていただけるような空間を創りあげることができることを光栄に思います。」と、スターバックス会長兼最高経営責任者(CEO)のハワード・シュルツは語ります。


その先端的な設計と、建築や社会に対する斬新な理論で世界的にも名高い、隈研吾氏の設計する作品は、芸術と自然を組み合わせることによって、自然の素材による温かみと調和を表現しています。今回オープンするロースタリーは、日本的なデザインと、高く評価されるスターバックスならではの新鮮で現代的なアート表現とを融合した空間で、コーヒーの高い芸術性とその職人技に対する敬意を表現したものです。隈氏のデザインした福岡県の「スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店」は、日本のみならず世界的にも高い評価を受けています。今回の出店は隈氏とのコラボレーション第2弾となります。

「私の友人や家族、そしてコーヒーを愛する地域の方々が、このユニークな店舗空間を体験いただける東京のロースタリーの設計をリードできることを光栄に思います。これまで培ってきたスターバックスとの関係をさらに強固なものとし、この特別な地区の文化そして人々にふさわしい、東京の中で誰もが一番行きたいと思っていただけるような、象徴的な場所を創りあげることができるのを楽しみにしています」と隈氏は語っています。


スターバックスが日本でビジネスを展開して今年で20周年を迎えました。これまでも常にお客様の期待を上回る「驚き」と「楽しみ」を提供すべく、様々な取り組みを行ってきました。そして今回展開するロースタリーは、お客様が今までに感じたことがない新しいスターバックスを体験していただける場所となります。私たちはこれからも、原点である「コーヒー&エスプレッソ」を意識し、コーヒーの専門性を強化していくと共に、ミッションである「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を大切にし、常に新しい商品やスタイルを提案してまいります。