スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2017/11/02)

プレスリリース(2017/11/02)

プレスリリース(2017/11/02)

2017/11/02

日本最古の温泉と言われる道後温泉の玄関口
明治洋風建築の伊予鉄道道後温泉駅の駅舎がスターバックスに!
『スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店』 12月22日(金)オープン

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口 貴文)は、2017年12月22日(金)、日本最古の温泉と言われる道後温泉の玄関口である明治洋風建築の伊予鉄道道後温泉駅の駅舎に『スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店』を出店いたします。

『道後温泉駅舎店』は、伊予鉄道道後温泉駅の駅舎を一棟まるごとスターバックスとして出店します。店舗となるこの建物は、明治44年に施工された明治洋風建築の旧駅舎を昭和61年に新築復元し3代目の駅舎として道後の街で地域の方や観光客に親しまれてきました。この度、伊予鉄道が創立130周年を機に、駅の利便性向上を目的に道後温泉駅のリニューアルを行います。このリニューアルに伴い、歴史ある道後の街の新たなコミュニティの拠点となることを目指し、これからも地域の皆様に愛される存在であり続けるよう決意と願いを込め、店舗をオープンいたします。

明治時代の面影を残し文明開化の香りを彷彿とさせる洋館の佇まいを楽しむ空間として、“コーヒージャーニー“と“鉄道の旅“をアイデアソースに、コンセプトを『Line to Coffee Travel』として、お客様をスターバックスのコーヒーの世界へいざなう寛ぎの場所を作り上げました。枕木を使用した1階のバーカウンターには、お客様をお迎えするバリスタの後ろに窓を設け、コーヒーの香りとともに電車が行き交う様子をご覧いただき、まるで旅のはじまりのような心が高まる空間を演出しています。2階はソファ席とテーブル席の2つのエリアで構成し、コーヒーや鉄道の旅をキーワードとした、パスポートを思わせるアートワークや、枕木とレールで作ったテーブルを配置するなど、鉄道や輸送に関連した内装デザインで、1階からの旅の続きを演出します。建物に寄り添うデザインの各所に、コーヒーと鉄道のエッセンスを加え、この店舗だけの特別な時間をお楽しみいただけます。

スターバックスは、地域との繋がりを大切にしながら、常にお客様の期待を上回る「驚き」と「楽しみ」を提供するために、様々な出店や商品の展開をしてまいりました。私たちはこれからも、ミッションである「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を大切にし、常に新しいスタイルや商品、そして体験を提供してまいります。

【店舗情報】
■店舗名:スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店
■住所:愛媛県松山市道後町1丁目10-12
■営業時間:8:00-21:00
■店舗面積:約145.75m² (44.09坪)
■席数:53席(店内45席 テラス8席)
■開店日:2017年12月22日(金)

 

1Fバーカウンター

2F客席

※パースはイメージです。