スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2018/09/28)

プレスリリース(2018/09/28)

プレスリリース(2018/09/28)

2018/09/28

日本初、コーヒーとともにボーイング787初号機(ZA001号機)を大迫力で楽しむスターバックス
『スターバックス コーヒー 中部国際空港セントレア FLIGHT OF DREAMS店』
2018年10月12日(金)オープン

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社[本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口 貴文]は、2018年10月12日(金)に『スターバックス コーヒー 中部国際空港セントレア FLIGHT OF DREAMS店』をオープンいたします。

『スターバックス コーヒー 中部国際空港セントレアFLIGHT OF DREAMS店』は、中部国際空港セントレアにボーイング787初号機を館内中央に配置した、これまでにない新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」(フライト・オブ・ドリームズ)」の商業エリアの3階にオープンします。この空間は、ボーイングの創業地であるシアトルの雰囲気を感じられるように、アメリカ北西部の再現をコンセプトにシアトルに由来のある店舗が展開されています。シアトル発祥のスターバックスの店舗は、迫力ある飛行機を至近距離で眺めながらコーヒーが楽しめる、今までにない非日常的な体験をしていただけます。

店舗のデザインコンセプトは、MOVEMENT(うごき)です。空港内を行き交う人の様子、発着する飛行機、光、風、水の自然エネルギー、そして店舗のバリスタやコーヒーなど、様々なMOVEMENTをデザインに込め、つながりの生まれる空間にしました。バリスタがお客様をお迎えするバーカウンターの天井部分は、ボーイング787初号機からインスパイアされた機体の垂直尾翼部分の形状を取り入れており、全体を飛行機の胴体のような印象に仕上げました。また、客席から、ボーイング787初号機を存分にお楽しみいただけるように、フロアや客席に高低差をつけて、全ての席から飛行機をご覧いただけるように工夫しています。店内には、スターバックス創業の地であるアメリカ・シアトル1号店の「パイクプレイス店」を描いた版画や、アフリカ、アジア太平洋、ラテンアメリカの代表的なコーヒー生産地の動植物や、シアトルをイメージした3Dの切り絵アートを設置し、お客様をコーヒーの世界旅行へ誘います。他にはない楽しみ方が加わった新たな店舗の誕生です。

スターバックスは、これからも、ミッションである「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を大切にし、常に新しい商品やスタイル、そして体験を提供してまいります。

機体の垂直尾翼部分の形状を取り入れて屋根が特長的なバーカウンター。パースはイメージです。

FLIGHT OF DREAMS 館内イメージ(店内の客席からはこの機体がご覧いただけます)/画像提供:中部国際空港

【店舗情報】
■店舗名:スターバックス コーヒー 中部国際空港セントレアFLIGHT OF DREAMS店
■住所:愛知県常滑市セントレア1-1FLIGHT OF DREAMS
■TEL:0569-38-8230
■営業時間:10:00-22:00
■店舗面積:254.39m²(76.95坪)
■席数:82席
■開店日:2018年10月12日(金)