生産地・加工方法

コーヒー生産地

コーヒー豆の風味は育まれた生産地によって大きな影響を受け、独自の風味が生まれます。コーヒーベルトと呼ばれる北回帰線と南回帰線の間に挟まれた赤道地帯の中でも、標高900m以上の限られた高地で栽培されるアラビカ種は、冷涼な空気と豊かな火山性の土壌によってゆっくりと熟し、洗練された風味を育みます。主要なコーヒー生産地には3つの地域があり、それぞれの異なる地形、気候により、コーヒーの風味にも大きな違いをもたらしています。

ラテンアメリカ

さっぱりとした鮮やかな酸味があり、バランスがよく、ナッツやココアのような風味があります。

アフリカ

フローラルさやシトラス感があるジューシーな風味から、ベリーやスパイシーな味わいまで、アフリカのコーヒーはとりわけ個性的な風味が特徴です。

アジア/太平洋

重厚感のあるコク、シロップのようになめらかな味わいにハーブや大地を思わせる風味が特徴の地域です。

マルチリージョン

産地やローストの異なるコーヒーを組み合わせて、香りや風味の相乗効果を引き出し、さらに複雑さを加えたブレンドです。

加工方法

コーヒーの加工とは、コーヒーチェリーの果肉を生豆から取り除く工程を指します。大きく分けて次の3種類の加工法があり、加工法によって、コーヒーの香り、酸味、コク、全体的な風味は異なります。

水洗式

コーヒーチェリーの果肉を除去後、発酵タンクで寝かせ、風味が引き出します。さらに水洗いしてから乾燥させ、パーチメント(内皮)を除去します。

半水洗式

コーヒーチェリーの果肉を除去し、洗浄後、天日で乾燥させます。生乾きの状態でパーチメントを除去し、さらに天日で完全に乾かします。

乾燥式

果肉がついた状態でコーヒーチェリーを乾燥させて風味を引き出し、完全に乾燥後、外皮、果肉やパーチメントを取り除きます。

閉じる