スターバックス コーヒー ジャパン

コーヒー豆かすリサイクルループ

コーヒー豆かすリサイクルループ

コーヒー豆かすリサイクルループ

スターバックスから排出される食品廃棄物の多くを占めているのが、毎日店舗でお客様に提供するコーヒーを抽出した後に残る豆かすです。この豆かすを有効に利活用できる持続可能な循環システムの構築を目指し、多くの関係事業者との連携により、実現したのがこのコーヒー豆かすリサイクルループです。世界中のコーヒー生産者により大切に育てられ、店舗に届けられたコーヒー豆は、お客様に楽しんでいただいた後、新たなジャーニーに出かけるのです。

しくみ

関東と関西の一部の店舗を対象に、分別・水切り・防腐処理したコーヒー豆かすをチルド物流の「戻り便」で回収し、リサイクル施設で、牛の乳酸発酵飼料や野菜を育てるたい肥として再資源化しています。さらに、この飼料を用いて育てられた乳牛のミルクや、たい肥で育てられた野菜は、一部のスターバックス店舗で、ビバレッジやサンドイッチの原材料として用いられています。
この一連の流れは、実証試験を経て、2014年3月、関係三省 (農林水産省、環境省、厚生労働省) による飼料化・肥料化2件の食品リサイクルループ認定を取得しました。コーヒー豆かすを飼料・肥料として再生利用する食品リサイクルループが認定されたのは国内で初めてです。

※「再生利用事業計画 (食品リサイクルループ) 」は、「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律 (食品リサイクル法) 」 に基づき、食品リサイクルを推進する上で、食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者の3者がリサイクルの環を構築し、再生資源を有効に活用する計画を国に申請し、認定を受ける制度です。

コーヒー豆かすリサイクルの流れ

牛の飼料について

一部店舗から回収したコーヒー豆かすは、再生利用事業者により、牛の飼料にリサイクルされます。この取り組みの技術協力先である株式会社メニコンと麻布大学 (河合一洋准教授) の共同研究により、コーヒー豆かすには有効な抗酸化物質が含まれることがわかりました。この豆かすを含んだ飼料は乳牛の健康や乳品質向上 (乳体細胞数の減少) に良い効果を与える可能性があることがわかり、実際にこの飼料を利用している酪農家から高い評価を得ています。

野菜の肥料について

一部店舗から回収したコーヒー豆かすを、再生利用事業者により、たい肥にリサイクルする取り組みを進めています。この豆かすを含んだたい肥は多孔質な構造と腐植酸という物質を多く含むことから、保水性・保肥性が向上し、野菜の生育に適したふかふかの土になります。