スターバックス コーヒー ジャパン

Topics(2004年度)

Topics(2004年度)

Topics(2004年度)

2004年度

活動レポート1「僕の宝物」

スターバックス コーヒー 小田原Dinacity WEST店
伊田 昌弘さん
野沢温泉での出会い

野沢温泉での10日間は本当に素晴らしい出来事ばかりでした。この小さな町で、たくさんの地元の人、アスリート、そして全国から集まったスターバックスのパートナーたちと出会い、知り合うことが出来たというのはまさに一生の宝物です。

涙の理由

ここで感じた1番の感動体験、それはアスリートの笑顔です。スペシャルオリンピックスは出場したアスリート全員が決勝に進むことができ、そして全員がその健闘を称えられ、表彰されます。表彰台に登ったとき、1位から8位までのアスリート達全員が大声で笑い、みんなで抱き合い、喜びを分かち合っていました。その姿をほんの20メートル手前で僕は見ていました。そして、ほんの一瞬、僕の顔に涙が流れてきたのです。なぜか、その一瞬では、わかりませんでした。その後、出場したアスリート全員がコーチやファミリーのもとへ、駆け寄り、大声で喜びながら、抱き合っているのを見ていたら、自然と僕もその和の中に入っていたのです。そして、一緒に喜んで、アスリートのファミリーやコーチになった気分になり、涙を流していたのです。「コングラッチュレーション!」そう叫んで、抱き合ったのです。

オリンピックとスペシャルオリンピックス

通常のオリンピックでは金メダルをとったアスリートしか感情を表に出さず、銀・銅メダルのアスリートはぜんぜん喜びを表に出そうとしません。しかし、スペシャルオリンピックスのアスリートは全員がその栄光を喜び、みんなで泣いているのです。その姿を見て、本当に純粋な気持ちになり、一緒に自分も出場したかのように心から喜ぶことができました。ここまで来るのに大変な努力があったであろうし、それを乗り越えて、野沢まで来たみんなは本当にすごいと肌で感じました。結果よりも大事な事があると気づいた瞬間でもありました。出会えたことが本当に僕の宝物です。

写真1 写真2 写真3