スターバックス コーヒー ジャパン

Topics(2010/02/15)

Topics(2010/02/15)

Topics(2010/02/15)

2010/02/15

プレイサンタ2010ご報告

メイク・ア・ウィッシュ オブジャパン(MAWJ)が支援する、難病と闘う子どもたちやご家族に、クリスマスの贈りものを届けました。

困難を抱えながら夢を育む子どもたちとそのご家族に、スターバックスのパートナー(従業員)からクリスマスの贈りものをお届けするプログラム「プレイサンタ」も、今年で6回目を迎えます。

12月中旬、全国の店舗やオフィスのパートナーが、思い思いに選び、包んだギフトが、東京のサポートセンター(本社)に届きます。
約100ケースのダンボールや包みは大きな会議室に移され、社内で募ったボランティアパートナーの手によって、開封、分別されます。難病と闘う子どもたちやご家族の手元にクリスマスまでにギフトが届くことを願って、ぬいぐるみや本、ミニカーや文具など、予め対象別・アイテム別に箱に詰め直してからMAWJにお渡しします。

「これから事務所に戻って、スターバックスのみなさんの贈り物を全国に送るお手伝いをするボランティアと合流します。毎年、この作業を楽しみにしているボランティアがいるんです」とMAWJの岡林さん。

MAWJは、難病と闘う子どもたちの夢をかなえるお手伝いをする一般財団法人です。
スターバックスのNPOとの取り組みについてはこちら


14名の仕分けボランティアがおよそ2時間かけてギフトを分別しました

郵送費の足しにと、パートナーから記念切手シートや自宅に残る切手も届きます

パートナーからのギフトを車両に積み、ほっと一息をつく、MAWJ岡林さん(左)、武田さん(右)

MAWJ大野事務局長(左)からスターバックスのパートナー向けに感謝状をいただきました