スターバックス コーヒー ジャパン

Topics(2016/03/28)

Topics(2016/03/28)

Topics(2016/03/28)

2016/03/28

京都市×スターバックス 「YES, WE DO KYOTO!」ワークショップ第2回開催
エコアクションアイデアコンテストを実施しました。

2月20日(土)、京都市とスターバックスが新しいエコアクションを起こそう!とスタートした「YES, WE DO KYOTO!」プロジェクトの第2回ワークショップを開催しました。この日は第1回で得られた視点をもとに、“京都らしいエコなライフスタイル”のアクションアイデアをグループごとにまとめる1日。最後には全グループ順番に発表し、4月以降実践していく最優秀アイデアが決まるとあって、朝から各グループ真剣な議論が展開されました。

まずはファシリテーター兼松さんからアイデアのつくり方のレクチャー

グループの“得意技”を活かして自分ごとのアイデアを考えます。こちらは好きな体を動かすことを取り入れたアイデアを検討する「セイレーン」のみなさん

ランチタイムのあとは第1回に参加いただいたゲストのお二人にフィードバックをもらい、さらに議論を深めていきます。それぞれのグループの特長を活かした、オリジナリティのあるアイデアを練り上げていきました。

自転車で京都の路地裏を回るツアーを企画する「コーヒー大好き社会人チーム」にはクリエイターの松倉さんから速度の違いに着目するとおもしろいアイデアになるのではとアドバイス

「問題解決を急ぐのではなく、問題提起をすることが大事」と京都大学准教授の伊勢さん

そしていよいよ発表へ。ユニークな視点で考えられた楽しいアイデアの数々に時折り会場から笑いが起こるなど、あっという間にすべてのチームの発表が終わりました。

京都大学の二人組「エコブレイカーズ」のいつものスターバックスからイスが無くなったら?という引き算発想のアイデア「STAND STARBUCKS “Nothing” is “Charming”」

池坊華道会のみなさんによる「and flower」チームは植物の生態系に着目して外来種いけばなを提案

そして、審査を経て結果発表。最優秀賞に選ばれたのは、普段はラジオ番組の制作に携わるメンバー「ガッツ倶楽部」のみなさんのエコフェス企画「KYOTO, SOUND & ECOLOGY」。京都らしい文化である“地蔵盆”をモチーフに、京都市内の各地でさまざまな楽しいエコアクションを同時多発的に行うというアイデアです。

受賞を喜ぶ「ガッツ倶楽部」のお二人。授賞式には京都市の環境マスコット エコちゃんも駆けつけてくれました

その他各賞は以下の通りとなりました。

京都市賞 エコブレイカーズ 「STAND STARBUCKS-“Nothing” is “Charming”」
スターバックス賞 セイレーン 「Active×Eco」
ゲスト賞 and Flower 「はんなリユース」
People's Choice賞 同志者 「地球の未来にログイン」

第3回は3月21日(月・祝) に開催予定。受賞アイデアを中心に、4月以降の実施に向けて、具体的な形に参加者全員で仕上げていきます。

※撮影:衣笠名津美

YES, WE DO KYOTO! プロジェクトについて
http://www.starbucks.co.jp/responsibility/kyoto/

DO YOU KYOTO? のホームページ
http://doyou-kyoto.com/