スターバックス コーヒー ジャパン

[季節のコーヒー] 秋の味覚を堪能する。「スターバックス® オータム ブレンド」と楽しむ季節の香り。

[季節のコーヒー] 秋の味覚を堪能する。「スターバックス® オータム ブレンド」と楽しむ季節の香り。

FEEL AUTUMN TASTE

秋の味覚を堪能する。
「スターバックス® オータム ブレンド」と楽しむ季節の香り。

木々が少しずつ色づきはじめ、一日一日と秋の深まりを感じるこれからの季節。移りゆく季節と旬の味覚を、コーヒーと一緒に楽しんでみませんか。
今回は秋の食卓を彩るブレンドコーヒー「スターバックス® オータム ブレンド」の魅力と、コーヒーの楽しみが広がるフードペアリングについてご紹介します。お気に入りのコーヒーとフードの組み合わせを見つけて、コーヒーの世界をより深くご堪能ください。

 
ABOUT STARBUCKS®
AUTUMN BLEND

実りの秋の食卓に並べられる様々な料理やスイーツに合うコーヒーをお届けしたいという想いからつくられた「スターバックス® オータム ブレンド」。今年は、それぞれ素晴らしい香りを持つ3種類(ジャワ、パプアニューギニア、グアテマラ アンティグア)のコーヒー豆を見事にブレンドしています。ダークチョコレートのような香りとセージやタイムのようなスパイシーな風味が特徴で、心地よくも力強い深みのあるコーヒーです。
スターバックス® オータム ブレンド
酸味:MEDIUM コク:FULL
Whole Bean(250g) ¥1,420

STORY OF AUTUMN BLEND

アメリカで毎年11月に行われる、秋の収穫を祝う感謝祭「サンクスギビング」。この日の食卓に並ぶごちそうによく合うコーヒーを求めてつくり上げたのが、この「スターバックス® オータム ブレンド」です。
開発者たちは幅広いコーヒーをテイスティングして数種まで絞り込み、ブレンドしたコーヒーを感謝祭のあらゆる料理とペアリングして、その相性を確かめました。そしてついに、すべての料理と合う一杯にたどりつき、「スターバックス® オータム ブレンド」は誕生しました。今では秋の定番ブレンドとして世界中の人たちから愛され続けています。

 
COFFEE AND FOOD PAIRINGS

料理に合わせてワインを選ぶように、コーヒーにはそれぞれ特徴があり、その特徴にあったフードを合わせることで、味わいに変化や広がりが出て、お互いのおいしさが引き立ちます。
その方法はとっても簡単。4つのステップでコーヒーとフードをペアリングをして、2つの味わいが口の中でさらに広がるのを感じたら、成功です。
フードペアリングの4つのステップ
コーヒーとフード、それぞれ
の香りを楽しみます。
コーヒーのみを口に含み
味わいます。
フードのみを口に含み
味わいます。
フードが口にあるうちに、
再度コーヒーを味わいます。
フードペアリングは、食材とコーヒーの味わいを深め、食事やコーヒータイムのひとときを豊かに彩ります。
これからご紹介する3つのフードペアリングで、この秋はぜひ新たなコーヒーの楽しみを見つけてみてください。
 

Breakfast

OTHER RECOMMEND
相性の良いフレーバー
チョコレート、ナッツ、シナモン
パイクプレイス®
ロースト
パンプキンスコーン
空気の澄んだ秋の朝は、香ばしいスコーンと
ナッツのような風味のコーヒーで香りを楽しんで
ナッツの風味を持つ「パイクプレイス® ロースト」には、サクッと軽くて香ばしい「パンプキンスコーン」を合わせると、その風味とバランスの取れたコクが引き立ちます。このコーヒーと一緒に味わうことで、スコーン生地に使用されているシナモンの甘くやさしい風味も、さらに口の中に広がります。
「パイクプレイス® ロースト」は、他にチョコレートやシナモン、ナッツを使用したスイーツと相性がよいです。スコーンやクロッカンなどサクッとした食感のものや軽い口あたりのドーナツもおすすめです。
パイクプレイス® ロースト
Whole Bean(250g) ¥1,140
パンプキンスコーン
¥270
 

Lunch

OTHER RECOMMEND
相性の良いフレーバー
ハーブ、チーズ、ウォームスパイス
パストラミビーフ
フォカッチャ
スターバックス®
オータム ブレンド
秋晴れのさわやかなランチタイムは
ハーブのきいたフードとしっかりとしたコクの
コーヒーで
ほのかなスパイスの風味を持つ「スターバックス® オータム ブレンド」には、ハーブやチーズを使った「パストラミビーフ フォカッチャ」がよく合います。フォカッチャに使われている、タイムやローズマリーの香りを上品に心地よく広げ、ジューシーな味わいのパストラミビーフが、コーヒーのコクとぴったりマッチします。
「スターバックス® オータム ブレンド」は、サンドイッチ等お食事系のフード、特にハーブやスパイス、チーズを用いたものと相性がよいです。しっかりとバターのきいたパイとも相性がいいので、甘いスイーツとの組み合わせもおすすめです。
スターバックス® オータム ブレンド
Whole Bean(250g) ¥1,420
パストラミビーフ フォカッチャ
¥520
 

Coffee Break

OTHER RECOMMEND
相性の良いフレーバー
ミルクチョコレート、煎ったナッツ
スターバックス
ライトノート ブレンド®
スイートポテト
シフォンケーキ
少し疲れた午後はやわらかくやさしい甘みの
お菓子と軽やかなコクのコーヒーで
軽やかなコクと穏やかな風味が特徴の「スターバックス ライトノート ブレンド®」には、やわらかな口あたりの「スイートポテトシフォンケーキ」が相性ぴったりです。スイートポテトの味わいがこのコーヒーが持つほのかな香ばしさと甘みを口の中で心地よく、豊かに広げてくれます。
「スターバックス ライトノート ブレンド®」は、他にナッツやミルクチョコレートなど、やさしい甘みと軽い口あたりのフードとも相性がよいです。薄くハチミツを塗ったワッフルやトーストなど、ほのかに甘く香ばしいフードと合わせてもおいしいです。
スターバックス ライトノート ブレンド®
Whole Bean(250g) ¥1,050
スイートポテトシフォンケーキ
¥390
その他にも、スターバックスでは様々なコーヒーとフードを組み合わせたペアリングをご紹介しています。ぜひお気に入りの組み合わせを見つけてみてください。
お気に入りのコーヒーやフードから探せる
フードペアリングはこちら

 
OUR COFFEE STORY
想いをつなぐ、私たちのコーヒーストーリー

 

#7 経験と情熱がつくり出すブレンド

一杯の素晴らしいコーヒーを思い描くところから始まる、
スターバックスのブレンドづくり。
スターバックスのブレンドコーヒーは、品種、生産地、加工法の違いによって生まれた様々な風味を組み合わせてつくられています。開発者たちは、思い描いた味に合わせて、異なる特徴を持った高品質の豆をブレンドし、バランス良く調和の取れた味わいや、季節に合わせた味わいをつくり出しています。
スターバックスのブレンドコーヒーの開発は、シアトルのコーヒー開発チームが行っています。
豊富なコーヒー開発経験を持つ彼らの味覚と経験によって、まずは一杯の素晴らしいコーヒーの風味を思い描き、言葉で表現することから始まります。それに基づいて構成比を決め、それぞれの生産地のコーヒー豆を使ってブレンドしていきます。
ブレンドコーヒーは、特定のコーヒー生産国に限定してつくられたシングルオリジンコーヒーを組み合わせてブレンドしています。
開発者たちは、生産地の特徴が色濃く表れるシングルオリジンコーヒーが持つ、個性的な味わいと特性を生かしながらブレンドし、思い描いたコーヒーをつくり出しています。
秋の味覚に合わせてブレンドされた「スターバックス® オータム ブレンド」のように、季節限定の味わいは、コーヒー開発チームの洗練された味覚によって毎年再現され、時に改良が加えられます。
開発チームが情熱をかけて実現した、この季節だけの特別な味わいをぜひお楽しみください。
研ぎ澄まされた味覚と長年の経験から生まれる、
記憶に残る味わい。
コーヒー豆の特性を活かしてつくられるブレンドコーヒー
ブレンドコーヒーだから作り出せる季節の味わい
 
3種類の生産地のコーヒーを組み合わせた、
ダークチョコレートとほのかなスパイスの風味が
特徴のブレンドコーヒー
スターバックス®オータム ブレンド
酸味:MEDIUM コク:FULL
Whole Bean(250g) ¥1,420
カートに入れる
カートに入れる
Sold Out(Online)

 
SEASONAL OFFERING
この時期おすすめのコーヒー豆と器具

コロンビアのサンタンデール地方で栽培された
アップルを思わす酸味とブラウンシュガーの風味を持ったコーヒー
奥行きのある香りを実現させてくれるコーヒープレスで
いれた一杯と一緒に秋の味覚をお楽しみください。

COFFEE PRESS
コーヒープレス

スターバックス® コロンビア サンタンデール

酸味:MEDIUM コク:FULL
Whole Bean(250g) ¥1,620
カートに入れる
カートに入れる
Sold Out(Online)
コーヒープレスシルバー
カートに入れる
カートに入れる
Sold Out(Online)
  • オンラインストアで贈るギフト SEE MORE DETAIL
  • DAIGAKUIMO FRAPPUCHINO® SEE MORE DETAIL

カートに追加されました。

購入手続きへ

エラーコード: