スターバックス コーヒー ジャパン

日本交通がスタートした新しい観光のスタイル「隈研吾建築ツアー in TOKYO」のタクシー観光ルートにスターバックス リザーブ® ロースタリー 東京が参加2021年10月1日(金)より運行開始

日本交通がスタートした新しい観光のスタイル「隈研吾建築ツアー in TOKYO」のタクシー観光ルートにスターバックス リザーブ® ロースタリー 東京が参加2021年10月1日(金)より運行開始

プレスリリース(2021/09/29)

2021/09/29

日本交通がスタートした新しい観光のスタイル
「隈研吾建築ツアー in TOKYO」のタクシー観光ルートに
スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京が参加
2021年10月1日(金)より運行開始

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社[本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口 貴文]は、日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林泰治、以下日本交通)が新しい観光スタイルとしてスタートした、隈研吾氏の建築を楽しむタクシーツアー「隈研吾 建築ツアー in Tokyo」の観光ルートのひとつとして、スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京(以下、ロースタリー 東京)が参加することとなりました。ロースタリー 東京が新たなルートとして追加となったツアーの運行は2021年10月1日(金)より開始します。

この「隈研吾 建築ツアー in Tokyo」は、東京観光の専門資格を持った日本交通のEDS(エキスパート・ドライバー・サービス)®観光担当乗務員が、その見どころ、デザインやエピソードを案内しながらめぐるツアーです。タクシー観光はドアtoドア、人混みを避けたプライベート空間で移動ができる利点があり、各所を効率よく回るだけではなく、ウィズコロナにおける新しい東京観光のスタイルのひとつとなります。見学地は、国立競技場、JR高輪ゲートウェイ駅、明治神宮ミュージアム、瑞聖寺、根津美術館、サニーヒルズ南青山、梅窓院ほか、ご希望に応じて決定します。この見学地のひとつとして隈氏が外観のデザインを手掛けたロースタリー 東京が加わることになりました。

スターバックスのコーヒーワンダーランドとして、生豆の焙煎から1杯のコーヒーへと続く旅を体験いただき、コーヒーへの飽くなき探求心や可能性の拡張が体験できる場所として誕生したロースタリー 東京。このツアーでは、外観をご覧いただくと共に、ご希望の場合は実際に店内でのコーヒーワンダーランド体験を楽しんでいただくことができます。

※EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)は日本交通株式会社の登録商標です。

【隈研吾 建築ツアー in Tokyo詳細情報】

詳細は日本交通ホームページをご確認ください。

https://www.nikkotaxi.jp/sightseeing/kuma

お問い合わせ先:TEL03-6265-6270(平日9時~17時)

※スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京をルートに含むコースの期間は次のとおりです。
受付開始日:2021年9月28日(金)
運行期間 :2020年10月1日(金)~2022年3月18日(金)(予定)

◆日本交通株式会社 http://www.nihon-kotsu.co.jp/

日本交通株式会社は、創業93年(1928年創業)、グループ売上高で日本最大のハイヤー・タクシー会社です。約7,000台のタクシー(業務提携会社を含む)と約1,600台のハイヤー・運行管理請負車両、10,000名以上の乗務員が、東京・大阪を中心とした各地の公共交通を支えています。独自の社内資格・キャリアパス制度による人材育成を通じて、「拾うではなく、選ばれるタクシー」として、Japan Hospitality とともに顧客満足を追求しています。さらに日本初となるスマートフォン配車アプリや、都内初となる妊婦送迎の「陣痛タクシー」、キッズ・観光・サポートの専門サービス「EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)®」、「タクシーデリバリー」サービスなど、Mobilityに+αの価値を提供しています。