スターバックス コーヒー ジャパン

コーヒー豆の倫理的な調達99%を達成

コーヒー豆の倫理的な調達99%を達成

コーヒーを、そしてコーヒーに関わるすべての人々の生活を豊かでサステナブルなものにするために。スターバックスはコーヒー農園からお店で楽しむお客様まで、コーヒーに関わるあらゆる人たちとつながっています。そのすべての人たちの想いをつなぎ、コーヒーを未来につないでいくこと。それは私たちの使命でありチャレンジです。

Our Coffee Passion

この秋ご紹介しているコロンビアは、1971年のスターバックスの創業当時からお客様にお届けしている大切なコーヒー生産地です。コーヒーの生産量は世界第3位。その多くが小規模農家によりつくられています。コロンビアから調達するコーヒーの99%は、「C.A.F.E.プラクティス」の認定を受けたコーヒーです。 C.A.F.E.プラクティスは、スターバックスが国際環境NGOコンサベーション・インターナショナルの協力を得、サステナブルなコーヒー生産のためにつくった調達プログラムです。コロンビアは、2004年にこの調達プログラムが最初に導入された国のひとつです。2012年にはコーヒー生産地であるマニサレスにファーマーサポートセンターを開設し、生産者の皆さんが、生産性の向上とサステナブルな栽培方法を習得できるようサポートしています。2014年には首都のボゴタにスターバックス1号店をオープン。現在31ある店舗では、すべてのコーヒードリンクを100%コロンビア産のコーヒーで提供しています。

Farmer’s Story

“The future is in the country side“

”Why I like to invite people to my farm.”

“Do things right”

詳しくはこちら 詳しくはこちら

99-20fall-colombianCoffee-btn

2015年4月、スターバックスは、提供するほぼすべてのコーヒーをエシカルに調達することを達成しました。その歩みは1998年、地球環境に対する関心が世界中で高まった頃にはじまります。お客様においしいコーヒーを提供し続けるためにはコーヒー豆をエシカルに調達することが大切だと気づき、環境に配慮した栽培の方法を一歩一歩進めてきました。99%はいつもおいしいコーヒーを提供したいという私たちの想いと、そのコーヒーを楽しんでくださるお客様の存在によって成し得た数字です。

©Conservation International WE ALL MAKE A DIFFERENCE

ONE MILLION FARMERS NORTH AMERICA SOUTH AMERICA AFRICA ASIA MILLIONS MORE COFFEE TREES ©Conservation International

2004年、スターバックスは国際環境NGOのコンサベーション・インターナショナルの協力のもと、持続可能な調達のガイドライン「C.A.F.E.プラクティス」をつくりました。生産地にはファーマーサポートセンターを開設し、コーヒー栽培の専門家であるアグロノミストが、 コーヒー豆の品質や生産性を高められるよう、生産者を直接サポートしています。これまで10年以上の取り組みで、4大陸20ヶ国以上の100万人にのぼるコーヒー生産者の生活環境に良い変化をもたらし、何千万本ものコーヒーの木を守ってきました。99%を達成したことは、1杯のコーヒーが世界を変える力を持っていることを証明してくれています。私たちはここで満足してはいません。100%を目指し、最後の1%を追求し続けることがコーヒーを育てる生産地とコーヒーを楽しむ私たちの、より良い未来をつくると信じて世界中のコーヒー生産者とともに取り組み続けています。

C.A.F.E.プラクティス ※ スターバックス独自の調達ガイドライン C.A.F.E.プラクティスは高品質なコーヒーを持続可能な方法で調達するためのしくみです。

Quality Economic Transparency Social Responsibility Environmental Leadership ※C.A.F.E. は Coffee And Farmer Equity の略 Quality & Economic Transparency スターバックスが購買する際の必須条件 ・コーヒー豆の品質がスターバックスの基準を満たしていること ・適正な価格が生産者に支払われていることを証明できること Social Responsibility & Environmental Leadership 第三者機関による評価 ・生産者の労働環境を守り、生活向上に貢献すること ・生産地の環境への影響を抑えること

CONSERVATION INTERNATIONAL C.A.F.E.プラクティス認定を受けたコーヒー豆には、コンサベーション・インターナショナルのロゴマークがパッケージの裏面に表示されています。

国際フェアトレード認証 小規模生産者のための認証制度

協同組合に属する小規模生産者が取得できる、公正な労働環境や環境基準を満たしていることを証明する国際的な認証制度。スターバックスは世界で最も多くの国際フェアトレード認証のコーヒー豆を購買しているコーヒー会社です。

フェアトレード認証のコーヒー豆「フェアトレードイタリアン ロースト」のパッケージには国際フェアトレード認証ラベルが表示されています。

Ethically Connecting Day エシカルなコーヒーの日

毎月20日は、世界中のコーヒー生産者とのつながりを感じながら、コーヒーを楽しむプログラムを、店舗ごとに実施しています。

毎月20日 ETHICALLY CONNECTING DAY エシカルなコーヒーの日

WE'RE COMMITTED TO 100% ETHICAL SOURCING 倫理的な調達100%へ  詳しくはこちら