スターバックス コーヒー ジャパン

一人ひとりのあたたかい気持ちが一本の線でつながって、コミュニティの大きな力に。

一人ひとりのあたたかい気持ちが一本の線でつながって、コミュニティの大きな力に。

心と心の距離はもっと近く。

一人ひとりのあたたかい気持ちが
一本の線でつながって
コミュニティの大きな力に。

個性あふれる人や様々な出来事を
一本の線でつないで描いたデザイン。
カップに込めた想いをご紹介します。

The EARTH

地球への思いやりを
子どもたちから。

Rainbow Flag

LGBTコミュニティへの
サポート。

NO FILTER

世代や性別、
あらゆるバリアを超えて、
誰もが輝ける居場所

Artist Interview 【後編】

人の想いをぬくもり溢れる一本の線で
描いてきたアーティスト

"このカップで飲む一杯のコーヒーを通じて、人の心のあたたかさと強さを感じていただけたら、とてもうれしいですね。"

Artist太田翔伍さん

─ 太田さんがこのカップに描いたような、一杯のコーヒーが人と人の心をつなぐと感じたご自身のエピソードは。

アメリカのスターバックスのカップを制作したときに、たくさんの方からメールをいただきました。その中で、今でも忘れられないのが、アメリカに移住した、あるおばあちゃんからのメールです。

インタビューの続きはこちら

太田翔伍

岐阜県郡上市出身。高校卒業後、渡米し、アイダホ大学でアートを専攻。卒業後にシアトルのデザインスタジオに勤務した後、2012年11月に同シアトルにTireman Studioを立ち上げ独立。2016年米国大統領選の直前に結束のシンボルとして米スターバックスが発表したGreen Cupや、2018年のスターバックス コーヒー ジャパンで行われたYou & STARBUCKSキャンペーンなどを手掛けるなど、幅広く活躍中。

スターバックスはこれまでも
一人ひとりのパートナー(従業員)、
お客様、地域の想いに誠実に向き合い、
誰もが自分の居場所と感じられる
体験作りを大切にしてきました。

Diversity & Inclusion

様々な違いを超えて、お互いを大切にし、ありのままの自分で持続的に活躍できる「NO FILTER」な社会の実現を目指します。

Support of LGBT community

レインボーカラーのタンブラー販売売上の10%の寄付を通じ、高校・大学内におけるLGBTにとってのセーフプレイスづくりを目指します。

Signing Store

手話を共通言語に、聴者と聴覚に障がいのあるパートナーがともに働き、多様な人々が自分らしく過ごし活躍できる居場所がこの夏オープン。

障がいという個性が輝く居場所

障がいの有無ではなく、一人ひとりの個性として強みを活かし、成長できる居場所であるために。パートナーとして働くサポートや、障がいあるかたのアート作品を展示しています。

スターバックスは、少しでも早く安心してお客様に一杯のコーヒーを通じて、心あたたまるひとときをお届けできますように、お客様とパートナーの安心安全を最優先に取り組んでまいります。