スターバックス コーヒー ジャパン

Greener Retail 環境面でのリーダーシップ

Greener Retail 環境面でのリーダーシップ

Greener Retail環境面でのリーダーシップ

Greener Retail 環境面でのリーダーシップ

私たちのビジネスによる環境へ負荷低減のために、私たちは事業のあらゆる側面から新しい解決策を探求し、サステナブルな未来への意味のある持続的な変化を生み出すパイオニアでありたいと思っています。

Greener cycle環境にやさしい循環

コーヒーやラテをお客様に提供した後に残ってしまうコーヒーの豆かすとミルクパックを、有効な資源として活用するために、業界を超えた人たちと連携し、リサイクルを進めています。資源を最後まで大切に活用すること、活用する循環をつくること、それが私たちにできる循環型社会の形成に向けた貢献です。

コーヒー豆かすリサイクルループ

コーヒー豆かすリサイクルループ

世界中のコーヒー生産者により大切に育てられ、店舗に届けられたコーヒー豆は、お客様に楽しんでいただいた後、新たなジャーニーに出かけます。
関東と関西の一部の店舗では、コーヒー豆かすを回収し、リサイクル施設で牛の乳酸発酵飼料や野菜を育てるたい肥として再資源化しています。この飼料を用いて育てられた乳牛のミルクや、たい肥で育てられた野菜は、一部のスターバックス店舗で、ドリンクやサンドイッチの原材料として使われています。

コーヒー豆かすリサイクルの流れ

この一連の流れは、実証試験を経て、2014年3月、関係三省 (農林水産省、環境省、厚生労働省) による飼料化・肥料化2件の食品リサイクルループ認定※を国内で初めて取得しました。

※「食品リサイクルループ認定(再生利用事業計画)」は、「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律 (食品リサイクル法) 」 に基づき、食品リサイクルを推進する上で、食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者の3者がリサイクルの環を構築し、再生資源を有効に活用する計画を国に申請し、認定を受ける制度です。

ミルクパックのリサイクル

ミルクパックのリサイクル

全国の店舗から出る年間約1,000tのミルクパックは、市販されるトイレットペーパーやスターバックス店舗で使われるペーパーナプキンに生まれ変わっています。

Greener cup環境負荷の低減

環境負荷の低減

サステナブルなコーヒーをよりサステナブルな方法で提供すること。これはお客様と私たちの未来のためにとても重要です。私たちは、プラスチック製の使い捨てカップやフタ、ストロー、その他の容器包装に関連する廃棄物を減らし、再利用可能なタンブラーやマグの利用を進め、環境負荷の低い素材への切り替えやリサイクルにも取り組んでいくことによって、環境への影響を抑えるよう努力していきます。

タンブラーのご利用

タンブラーのご利用

1996年に銀座に1号店をオープンして以来、ビバレッジをご購入の際、タンブラーやマグカップなどのマイカップをお持ちいただくと、環境への取り組みにご協力いただいたお礼として、税抜本体価格から20円を値引きしています。

マグカップなど繰り返し使える容器の利用推進

マグカップなど繰り返し使える容器の利用推進

お客様のご希望に応じて、店内でお召し上がりのお客様にマグカップでビバレッジをご提供しています※。また、ストローやフタが不要なお客様へは、ストローやフタ無しで提供いたします。

※店舗形態、繁忙時間帯、ドリンクの種類、サイズ、数量の在庫状況などにより、ご希望にそえないこともあります。ご了承ください。

Greener Sourcing環境にやさしい調達

私たちのビジネスに必要な紙やパーム油の持続可能な調達に取り組んでいます。2013年に調達方針を定め、FSC®認証紙あるいは再生紙100%のものへ、RSPO認証パーム油のマス・バランス以上の管理方式への切り替えを目指しています。

FSC®認証紙や再生紙の利用

FSC(R)認証紙や再生紙の利用

ペーパーカップをはじめ主な紙資材には適切に管理された森林から生産されたFSC®認証紙を使用しています。FSC®の森は、生態系が守られていること、森で働く人や周囲の人々の暮らしへの配慮などの項目で厳しい審査を経て認証されます。認証紙を使用することで、適切な森林管理を行う林業者の支援、世界の森林保全への貢献を目指しています。

※スターバックスはFSC®ライセンスナンバー、FSC® N002500を取得しています。

Greener stores環境にやさしい店舗

環境に配慮した建築材料の選定からエネルギー効率のよい機器の導入、パートナー (従業員) への環境教育の実施を通して、店舗の環境負荷低減に取り組んでいます。

国産の木材を通して地域や自然とのつながりを感じられる店舗

国産の木材を通して地域や自然とのつながりを感じられる店舗

それぞれの地域性を活かしたデザインで、お客様と地域をつなぎ、地域に愛される店舗づくりを心がけています。近年の未利用の国産木材の増加という問題に着目し、コミュニティテーブルと呼ぶ大きなテーブルに地元あるいは地域とつながりのある木材を使う取り組みを進めています。

コーヒー豆かすの内装ボードへの活用

コーヒー豆かすの内装ボードへの活用

抽出後のコーヒー豆かすや火力発電所で発生する石炭灰などの廃棄物を利用して作られた再生材比率約60%の内装ボードを一部の店舗で使用しています。セメント素材独特の白華とコーヒー豆かすにより、1枚1枚異なる温かみが感じられる素材です。

環境性能の優れた店舗の開発

環境性能の優れた店舗の開発

環境性能が優れた店舗を開発し、環境認証を取得することにも取り組んでいます。2010年には、福岡大濠公園店と京都リサーチパーク店が、小売店舗として日本国内では初めてLEED認証を取得しました。福岡大濠公園店は、世界70ヵ国以上で展開するスターバックス店舗で初めての新築カテゴリーでの取得です。

社内の環境教育

社内の環境教育

2013年から社内の環境教育を継続して実施しています。一定の職位以上のパートナー(従業員)は1時間程度のeラーニングを受講し、私たちの環境への想いや取り組みについて学びます。また、社内向けの定期的なニュースレターやレポートを通して、各アクションの背景や進捗を共有することで、取り組みの定着や促進を図っています。