スターバックス コーヒー ジャパン

[季節のコーヒー] 初めての自社農園からの特別なコーヒー豆

[季節のコーヒー] 初めての自社農園からの特別なコーヒー豆

Our coffee Passion
初めての自社農園からの特別な贈り物 <ハシエンダ アルサシア®>
スターバックスは2013年にコスタリカに初めて自社農園を購入しました。これは世界中のコーヒー生産者に向け、
自社栽培によって得たノウハウを共有することを目的としてスタートしたプロジェクトです。その農場で栽培されたコーヒーが<ハシエンダ アルサシア®>。ほのかなシトラス感、ほどよいコクと明るい酸味。このバランスのとれたコーヒーは、スターバックス日本上陸20周年を記念してシアトルの特別な店舗以外では初めて提供されます。自社農園から生まれた特別な味わいをお楽しみください。
ハシエンダ アルサシア®
カートに入れる
カートに入れる
Sold Out(Online)
詳しくはこちら
生産者から、生産者へ <ハシエンダ アルサシア農園>には農学者も常駐し、より高品質で適応力の高いコーヒーの木の開発に取り組みました。その試みは、スターバックスが世界の様々な場所で取り組んでいる生産者との関係構築や、コーヒー豆の品質向上、環境活動、さらにコーヒーの倫理的な調達(エシカル コーヒー)の実現へと繋がっています。この農園で生産された<ハシエンダ アルサシア®>は、まさにこれらのスターバックスの活動を象徴するコーヒーとして生まれました。
ハシエンダ アルサシア®
倫理的な調達率99%まで高められたエシカル コーヒーとは? 持続可能で透明性が高く、人々の暮らしや自然にも優しいこと。この考えのもと、2015年にはほぼすべてのコーヒーで、倫理的に取引されたコーヒー豆を買い付けることや、コーヒー生産地の人々の暮らしやコーヒーの品質を高めることに努めています。この考えから生産される“倫理的な調達”に基づくコーヒーの生産は、2015年に99%にまで達しました。 詳しくはこちら
1996 BLEND
1996 BLEND
20周年の感謝が香る<1996 BLEND>を、今、お店で。
20周年の感謝が香る<1996 BLEND>を、今、お店で。9月1日~10月2日までの間、スターバックスのお店で提供しているエスプレッソビバレッジには<1996 BLEND>を使用。日本上陸20周年を記念した特別な味と香りをお楽しみください。
コーヒースペシャリスト江嵜 讓二
コーヒースペシャリスト江嵜 讓二
深い味わいと香りを、もう一度
「銀座に1号店がオープンして20年。その記念となるブレンドは何かということから考え始めました」そう語るのは、スターバックスで最も長く“コーヒースペシャリスト”を続ける江嵜譲二。「そこで選ばれたのが、当時のスターバックスで人気が高かったゴールドコーストブレンドです。
日本1号店 銀座松屋通り店
このダークローストの味わいが20年という長い間、愛されてきた証になると。そのために特別な名前“1996 BLEND”とパッケージに記された“GINZA TOKYO”に思いを込めました」。その深い味わいは、コーヒーを愛するすべての方々のためにご用意したもの。この1杯は感謝の気持ちとともに、これからもコーヒーを通じてこの日本でスターバックスが根付いていこうとする想いでもあります。
1996 BLEND について詳しくはこちら
At Home ダークローストの<1996 BLEND>、ほのかなシトラス香る<ハシエンダ アルサシア®>ご家庭でもその深い味わいをお楽しみいただくためのアイテムをご用意しました。
ハシエンダアルサシア®
ハシエンダアルサシア® 詳細はこちら
1996 BLEND
1996 BLEND 詳細はこちら
500サーバーG
500サーバーG 詳細はこちら
オリジナルセラミックドリッパー
オリジナルセラミックドリッパー 詳細はこちら
細口ポット 0.7L
細口ポット 0.7L 詳細はこちら
 
Golden Maple SEE MORE DETAIL
20 years and Onwards in Japan SEE MORE DETAIL

カートに追加されました。

購入手続きへ

エラーコード: