スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス サプライヤー行動規範

スターバックス サプライヤー行動規範

スターバックス サプライヤー行動規範

スターバックスは、当社が事業を展開している地域において、社会や環境、経済に利益をもたらすようなビジネス規範の採用とその実践により、卓越した、永続的な企業となるよう努めています。
当社は、責任をもってビジネスを行うことは、従業員、顧客、サプライヤー、投資家、地域の人々を含む当社の様々な利害関係者だけではなく、社会にとっても有益であると信じています。

グローバル企業として、スターバックスは、多様な文化、社会、経済環境にある多くの国々のサプライヤーとビジネスを行います。
当社は、責任感のある倫理的な経営、個人の権利の尊重、環境保護のサポートといった、当社の普遍的な原則に従うことを誓約したサプライヤーとビジネスをするよう努めています。

当社のサプライヤーは、本規範及び特定の基準の遵守を合意書により誓約することが求められており、そこには以下のものが含まれます。

  • 当社の商品、サービスを生産している人々と地域の繁栄、経済の発展、持続可能性に対して誓約を表明すること
  • 人権、職場の安全、労働の対価と労働者の待遇について、現地の法令や国際基準を遵守すること
  • 環境保護について、各国の法令及び国際基準またはそれ以上の基準を満たすこと、及びサプライヤーの事業による環境への悪影響を最小限にすること
  • 本規範の遵守状況を、評価、モニタリング、報告、検証することの誓約
  • これらの社会及び環境に関する原則ついて、継続的な改善を追求すること

本規範の遵守状況の検証は、スターバックスまたはスターバックスにより指定された第三者、若しくはスターバックスが認めた第三者による監査の対象となります。
本規範を遵守せず、またはスターバックスや第三者によっても本規範を遵守しない状況が改善されない場合は、未処理注文のキャンセル、本規範に準拠していない生産拠点の使用中止、ビジネス関係の終了の要因となります。

SUP.R05, Rev. 0 09-JUN-04