スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2015/11/25)

プレスリリース(2015/11/25)

プレスリリース(2015/11/25)

2015/11/25

2015ホリデーシーズン スターバックスのスペシャルコラボレーションシリーズ
PORTER CLASSIC、mintdesigns、written by、N.HOOLYWOODとのアイテムを12/9発売

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):関根 純)は、2015年12月9日(水)より、PORTER CLASSIC (ポータークラシック)、mintdesigns (ミントデザインズ)、written by (リトゥンバイ)、N.HOOLYWOOD (N.ハリウッド)の4つのファッションブランドとのコラボレーションアイテムを、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)とスターバックス オンラインストアにて販売いたします。一年の中でも特別な季節を楽しもうとする気持ち”ホリデースピリット”を今年のシーズンテーマとして掲げ、スペシャル企画として実現した、個性溢れるラインナップです。

■商品名・価格: (左から)
『ホリデー2015バッグポータークラシック』(W450×D110×H300mm) 11,000円
『ホリデー2015ハンディーステンレスタンブラーポータークラシック360ml』 4,600円
『ホリデー2015マグポータークラシック360mll』 2,300円
『ホリデー2015ハンディーステンレスタンブラーミントデザインズ360ml』 4,600円
『ホリデー2015マグミントデザインズ360ml』 2,300円
『ホリデー2015ハンディーステンレスボトルリトゥンバイ500ml』 5,000円
『ホリデー2015マグリトゥンバイ360ml』 2,300円
『ホリデー2015ハンディーステンレスボトルNハリウッド500ml』 5,000円
『ホリデー2015マグNハリウッド360mll』 2,300円
■取扱期間: 2015年12月9日(水) ~
■取扱店舗: 全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く) および スターバックス オンラインストア
※表示価格は全て本体価格(税抜価格)です  ※なくなり次第終了

 

【ブランド プロフィール】

PORTER CLASSIC(ポータークラシック)
吉田カバンの創業者の息子で、日本を代表する鞄デザイナー吉田克幸が率いるブランド。「メイド・イン・ジャパン」にこだわり「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げる。 伝統からアンチテーゼ、芸術文化、職人技術を取り組みながら、次世代、そして孫の代まで愛される商品を追求。
「アロハシャツとフランス映画からのインスピレーションを基にオリジナルイラストをおこし、性別、国籍、年齢を問わないデザインを目指しました。」(ブランドディレクター 吉田玲雄氏)

mintdesigns(ミントデザインズ)
ロンドンのセントラルセントマーチンズ美術学校の同級生だった勝井北斗と八木奈央を中心に2001年にスタート。2003春夏より東京コレクションに参加し、日常生活を豊かにするグッドデザインを追求するブランド。発想、バランス、デザイン、コンセプトにこだわりを持つ。
「ミントデザインズ 2015年春夏コレクション”VERTIGO"で使用したオリジナル柄を今回のデザインに当てました。綺麗な色のインクがカップやステンレスタンブラーに飛び散ったイメージです。リアルに跳ねたインクっぽさや色の重なりにこだわり表現しました。」

written by(リトゥンバイ)
セントラルセントマーチンズ美術学校卒業後、アレキサンダーマックイーン、ジョンガリアーノなどでアシスタントを経験した山縣良和により、2007年に設立されたブランド「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」。コレクションピース中心のwrittenafterwardsに対し、written byはそのリアルクローズラインとして、2014年に発表された新ライン。
「洗練されていてポップ、そしてポジティブな空気感がスターバックスの魅力。今回は子供のサンタクロースのイラストが活きるよう、全体のデザインはシンプルに仕上げました。」

N.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)
尾花大輔による、日本を代表するコレクションブランドの一つ。2011年春夏よりコレクション発表の場をニューヨークに移し、世界に向けて発信し続けている。ヴィンテージショップからキャリアをスタートし、古着を知り尽くしているからこそ創造される、唯一無二のコレクションは、多くのファンを魅了し続ける。
「N.HOOLYWOODの中でミリタリーラインのベーシックデザインにも起用している、軍用のレーション(携帯簡易食料)パッケージがインスピレーションとなっています。軍のリアルさと日々使う物としての色味の葛藤で、色出しにはこだわりました。」