スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2002/08/20)

プレスリリース(2002/08/20)

プレスリリース(2002/08/20)

2002/08/20

小銭不要でコーヒーのお支払いがスマートに
ギフトにも最適な『スターバックス カード』の導入決定について




スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者[CEO]:角田雄二)は、米国スターバックスで商品の支払いやギフトとして広くご好評いただいている、ご利用が簡単で、便利且つ繰り返しご入金可能な「スターバックス カード」を、2002年度内を目標に、日本国内の店舗において導入することを決定いたしましたので、ここにお知らせいたします。

「スターバックス カード」は、国内のスターバックス店舗のレジで繰り返しお支払いやご入金ができる便利なプリペイド方式の磁気カードです。このカードをご利用いただくことにより、国内のスターバックス店舗でお買い物いただく際の小銭が不要になり、また必要に応じて、お客様にはこのカードに直接、繰り返しご入金いただくことが可能です。スターバックスの店舗にて販売している全商品を現金を持たずにスピーディーにご購入いただけるほか、ご家族やご友人へのプレゼント、お取引先へのご挨拶など、パーソナル又はビジネスのギフト用途にも適しています。米国スターバックスにおいては、2001年11月に導入されて以来、その利便性やギフトとしての使い勝手が評価され、2002年6月末日時点までに米国内で500万枚以上の発行を記録いたしました。

弊社はこのたび、米国スターバックス コーヒー社の経験を生かし、2002年度内を目標にこのカードを日本国内で導入するための具体的な検討に入りました。また、ビジネス需要にも対応するため、法人向けの大量受注窓口「スターバックス ビジネスギフトセンター」を国内に新設する予定です。「スターバックス カード」の導入により、より多くのお客様に便利に、頻繁にスターバックス店舗をご利用いただくことが可能になると同時に、新たなお客様にもスターバックスをご利用いただけるよう努めてまいります。