スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2003/02/19)

プレスリリース(2003/02/19)

プレスリリース(2003/02/19)

2003/02/19

スターバックス コーヒー ドライブスルー型店舗を初出店




スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 最高経営責任者[CEO] 兼最高執行責任者[COO]:角田雄二)は、新しいコンセプトのドライブスルー型店舗を出店することを発表しました。この新型店舗は本国アメリカでは1994年の導入時より親しまれており、国内では首都圏に近いベットタウンである茨城県守谷市で今年4月下旬に初めて出店します。

「スターバックス コーヒー西友楽市・守谷ドライブスルー店」は、西友楽市(茨城県守谷市)に開店します。スターバックス コーヒーの従来店舗は徒歩又は鉄道等の公共交通機関をご利用のお客様に便利な立地、スタイルでしたが、この店舗は車で来店する方々にアクセスのしやすい設計が施されており、お客様の層、商圏が大きく広がります。また今後も同様のスタイルの店舗をオープンすることにより、出店立地の幅も広がることとなります。
  米スターバックス コーヒー ドライブスルー型店舗イメージ
米スターバックス コーヒー
ドライブスルー型店舗イメージ

店舗建物は通常店舗としてのスペースにドライブスルー専用のウィンドウを設けてあり、同ショッピングセンターの買い物客が店舗内でゆっくりと過ごすこともできますが、店舗の面する国道294号線を通行中のドライバーが気軽に立ち寄ることができるデザインです。

この度のドライブスルー型新店舗についてCEO兼COOの角田雄二は次のように述べています。「店舗設計に関しては地域や立地とともに多様化するお客様のニーズにお応えし、これまでも既存店で様々な生活スタイルに合った店舗ヴァリエーションを揃えてきました。この度は本国でその高い利便性を背景にご好評いただき定着したドライブスルー型を導入し、郊外で日常生活の一部として車を利用されるお客様にもスターバックス・エクスペリエンスをご提供します。この形態の店舗需要は他の地域でも多くあると考えており、初年度中に数店舗、特性の異なる立地での実効性を検証したうえでその将来性を見極めていきます。今後も私たちの『サードプレイス(家庭、職場・学校等に次ぐ第3の生活拠点)』としての位置付け強化のためにあらゆるお客様のニーズを的確に捉え、サービスに反映していくよう努力していきます。」



 店名

 スターバックス コーヒー 西友楽市・守谷ドライブスルー店

 開店日

 2003年4月下旬

 営業時間

 未定
 ※尚、開店にあたって報道関係者向けイベントを開催いたします。

 定休日

 不定休

 店舗面積

 156.00m2

 席数

 75席(店内:41席、テラス:34席)

 所在地

 茨城県守谷市けやき台4丁目1-5 西友楽市守谷敷地内