スターバックス コーヒー ジャパン

どっちもほしくなる!2つのカラフルなレインボーカラーグッズが登場!売上の一部は中高大学生と多様性やLGBTQ+について考える授業の寄付に4月22日(金)よりスターバックス オンラインストアで順次発売!

どっちもほしくなる!2つのカラフルなレインボーカラーグッズが登場!売上の一部は中高大学生と多様性やLGBTQ+について考える授業の寄付に4月22日(金)よりスターバックス オンラインストアで順次発売!

プレスリリース(2022/04/21)

2022/04/21

どっちもほしくなる!2つのカラフルなレインボーカラーグッズが登場!
売上の一部は中高大学生と多様性やLGBTQ+について考える授業の寄付に
4月22日(金)よりスターバックス オンラインストアで順次発売!

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社[本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口 貴文)]は、“自分らしく生きる”を応援する2つのカラフルなレインボーカラーグッズ『ステンレスボトル355ml NOFILTER』を2022年4月22日(金)から、『コールドカップタンブラー 710ml NOFILTER』を4月27日(水)から順次スターバックス オンラインストアで発売いたします。今年も、両グッズの売上(本体価格)の10%は、認定NPO法人ReBitへ寄付され、若者や教育関係者と多様性やLGBTQ+(性的マイノリティ)について考える授業を届ける「レインボー学校プロジェクト」の実施に役立てられます。

『ステンレスボトル355ml NOFILTER』は、マットな色使いのレインボーカラーがランダムに混ざり合った洗練されたデザインです。保温性・保冷性に優れているので、ホットドリンクをいれて、朝食や夕食の後の少し涼しい時間のパートナーとして使っていただくのもおすすめ。ほっと体は温まり、カラフルなデザインで心も明るくなります。
『コールドカップタンブラー 710ml NOFILTER』は、動かすたびにレインボーカラーがキラキラ輝いてみえるPOPなデザインです。よく晴れた青空の日に、イベントやアウトドアに一緒に連れ出してたっぷりのアイスドリンクをいれて楽しんでいただくのもおすすめです。太陽の光を浴びてより輝くタンブラーは、存在感も抜群。持っているだけで心が躍ります。個性が異なり、どちらもほしくなる2つのカラフルなレインボーカラーのグッズです。
レインボーカラーのものを持ったり身に着けたりすることは、LGBTQ+を理解し応援するという意思表示になります。スターバックスのLGBTQ+コミュニティ支援とアライとしての取り組みに関しては、Starbucks Stories Japanの特別サイトをご参照ください。

特設サイトURL

https://stories.starbucks.co.jp/ja/stories/2022/inclusion-diversity-rainbow/

◆商品名・価格(表示価格は税込の総額表示となります)・販売期間:

・『ステンレスボトル355ml NOFILTER』

商品価格:3,910円(税込価格)
2022年4月22日(金)10時頃を予定
※在庫がなくなり次第終了

・『コールドカップタンブラー 710ml NOFILTER』

商品価格:3,010円(税込価格)
2022年4月27日(水)10時頃を予定
※在庫がなくなり次第終了

◆取扱店舗:スターバックス オンラインストア
https://product.starbucks.co.jp/goods/online/

■売上の10%は若者たちが多様性を学ぶ機会となる「レインボー学校プロジェクト」の寄付に

『ステンレスボトル355ml NOFILTER』と『コールドカップタンブラー 710ml NOFILTER』の売上(本体価格)の10%は、認定NPO法人ReBitへ寄付され、中高大学生らが多様性とLGBTQ+を学ぶ機会となる「レインボー学校プロジェクト」の実施に役立てられます。
スターバックスは2020年から認定NPO法人ReBitとともに、校内のLGBTQ+への理解促進と学校が安心できる場所になることを願って、レインボー学校プロジェクトを行っています。実施2年目となった2021年度は、19の中学校・高等学校・大学で出張授業を行い、5,763名の若者や教育関係者へ、スターバックスのパートナー(従業員)を含めた複数のLGBTQ+当事者やアライ(LGBTQ+を理解し、支援する人)が登壇し、自分の経験を語りました。
本プロジェクトは、共感したお客様が支援に参加できる仕組みや、スターバックスの「誰もが自分の居場所と感じられる文化」を店舗から学校へ広げる取り組みであることが評価され、任意団体work with Prideが主催する性的マイノリティに関する取り組みを評価する『PRIDE指標2021』のベストプラクティスを受賞しました。

2021年度の活動報告はStarbucks Stories Japanの記事をご参照ください。

https://stories.starbucks.co.jp/ja/stories/2021/inclusion-diversity-rainbowschool/

■寄付先:認定NPO法人 ReBit

LGBTQ+を含めたすべての子どもがありのままの自分で大人になれる社会の実現を目指す、認定NPO法人(代表理事 藥師実芳、2014年3月認可)。学校・行政・企業でLGBTQ+やダイバーシティに関する授業/研修を1,400回、18万人以上に提供。多様な性についての教材作成や、LGBTQ+の就活生ら約5,000名のキャリア支援を行っています。

ReBit公式サイト:https://rebitlgbt.org/

■スターバックスのインクルージョン&ダイバーシティ ー 「NO FILTER」

スターバックスは、お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられる文化をつくることを大切にしてきました。“多様性”と“人間らしさ”を求めるインクルージョン&ダイバーシティのテーマは、「NO FILTER」。先入観や思い込み、偏見を持たず、すべての人を温かく迎え入れ、認め合い、一人ひとりが自分らしくいられることへの想いを込めています。

『ステンレスボトル355ml NOFILTER』と『コールドカップタンブラー 710ml NOFILTER』には、「NO FILTER」のステッカーが付いてきます。

スターバックスはこれからもお客様と共に、フィルターのない誰もが歓迎され心地よく過ごせる居場所づくりと、自分らしく生きられる社会を実現する活動を続けて参ります。