スターバックス コーヒー ジャパン

静岡市の城北公園整備事業におけるスターバックス店舗の出店辞退について

静岡市の城北公園整備事業におけるスターバックス店舗の出店辞退について

プレスリリース(2022/04/26)

2022/04/26

静岡市の城北公園整備事業におけるスターバックス店舗の出店辞退について

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口 貴文)は、静岡市の城北公園の魅力向上を目的とした整備事業(以下「本事業」)において、公園内へのスターバックス店舗の出店を協議してまいりましたが、出店を辞退することといたしました。

本事業は、静岡市が設置管理制度(Park-PFI)を活用して公募を行い、2021年3月、スターバックスの出店を含む「つなぐ公園プロジェクト」(代表・フジ都市開発株式会社、以下「同プロジェクト」)が設置等予定者として選定され、スターバックスは同プロジェクトの設置施設の誘致された参加者として本事業に加わることになりました。公募内容、および同プロジェクトの目的や内容が、スターバックスが店舗運営を通じて目指す「公園と地域社会をつなぎ、公園の利用者のみなさま同士をつなぐ場となる」という思いと共通しており、同プロジェクトにおける設置施設のテナントとしての役割を担うべく、出店に向けて準備を進めてまいりました。

本事業に対しては期待されている地域や周辺住民の方々も多くいらっしゃいましたが、事業内容や進行過程おいて、さまざまな意見が上がり、スターバックスとしてもこうした状況を鑑み、改めて出店について検討し続けてまいりました。その結果、このまま出店したとしても、スターバックスが目指している地域社会の一員として、地域に貢献できる存在となり、地域や周辺住民の方々をつなぐ場としての役割を果たせないと判断し、4月中旬に、同プロジェクトの代表であるフジ都市開発へ、参加辞退を申し入れいたしました。

スターバックスは、すべての出店に関して、地域社会の一員となり、店舗を通じて地域コミュニティに貢献できる存在となることを目指しております。ミッションである、「人々の心を豊かで活力あるものにするために。ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を大切に、出店する地域やお客様とのつながりをこれからも育んでまいります。