スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2012/08/29)

プレスリリース(2012/08/29)

プレスリリース(2012/08/29)

2012/08/29

9月9日より、スターバックス初のポップアップストア 「Starbucks Espresso Journey」 を期間限定でオープン
空間プロデュースにnendo 佐藤オオキ氏を起用し、エスプレッソドリンクの世界観を表現
~スターバックスのエプロン着用してドリンクが作れるバリスタ体験コーナーや、限定グッズの販売なども~

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者(CEO):関根 純)は、2012年9月9日(日)より、期間限定スペース「Starbucks Espresso Journey(スターバックス エスプレッソ ジャーニー)」をオープンいたします。スターバックス ラテやキャラメル マキアートなどに代表されるスターバックスのエスプレッソドリンクへのこだわりや世界観を表現したスペースを通して、みなさまに最高のエスプレッソ体験をご提供いたします。

【Starbucks Espresso Journey】
1.  佐藤オオキ氏(nendo代表)による、ライブラリーをテーマにした空間プロデュース
2.  限定ドリンク「ダブル ショート クラシック ラテ」「ダブル ショート クラシック カプチーノ」の他、定番エスプレッソドリンク7種類を販売
3.  藤原ヒロシ氏デザインによる限定ペーパカップでのドリンク提供
4.  マグカップやキャンバストートなどの限定グッズ販売
5.  本格的なエスプレッソマシンを使用してスターバックス ラテを作るバリスタ体験コーナー
6.  新商品のフレーバーコーヒータイプのスターバックス ヴィア® 3種のテイスティングコーナー
7.  全国から集結した、経験豊富なバリスタによるサービス

ダブルショートクラシックラテ  限定グッズ

左:ダブル ショート クラシック ラテ / 右:限定グッズ(キャンパストート、マグ)

□所在地: 東京都渋谷区神宮前5-11-5 BA-TSU ART GALLERY
TEL 03-5412-8961(スターバックス コーヒー ジャパン お客様相談室)
□期間: 9月9日(日)~9月30日(日)
□営業時間: 平日 11:00 - 18:00 土日祝 10:00 – 19:00 ※ 9月9日(日)は13:00より営業、9月13日(木)と9月22日(土)は14:00まで営業
□取り扱いドリンク: 1. 限定「ダブル ショート クラシック ラテ」 「ダブル ショート クラシック カプチーノ」
2. 定番エスプレッソドリンク7種
※全ドリンク一律500円(税込)/杯
※ショートサイズ、ホットのみ提供
※ブックカバー(クリエイトユアタンブラー台紙として使用可)フィナンシェ付き
□販売グッズ: 1. スターバックス エスプレッソ ジャーニー キャンバストート(ネイビー、グレー、ブラウン) ¥3,000 ※各色25個限定/日
2. スターバックス エスプレッソ ジャーニー マグ ¥1,500 ※150個限定/日
□入場料: 無料

 

【Starbucks Espresso Journey 内観イメージ】

スターバックスエスプレッソジャーニー内観イメージ

 

【佐藤オオキ / nendo代表】

nend佐藤氏

1977年 カナダ、トロント生まれ。
2000年 早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。
2002年 同大学院修士課程を修了し、デザインオフィスnendoを設立。
2006年 Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」選出。
2012年 Wallpaper誌(英)およびElle Deco International Design Award にてDesigner of the yearを受賞。

 

東京とミラノに拠点を持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広く活動を行い、代表作品は、ニューヨーク近代美術館(米)、ポンピドゥーセンター(仏)など、世界の主要美術館に収蔵されている。
今年9月には、ロンドンのビクトリア・アルバート博物館にて大規模なインスタレーション"mimicry chairs" を開催予定。 www.nendo.jp

佐藤オオキ氏からのコメント
「知っているようで意外と知らないスターバックスのエスプレッソドリンクの魅力を体験する場所として、「書斎」のような空間をデザインしました。ゆっくりと一冊の本を選ぶように、一杯のエスプレッソドリンクを選び、静かに物語の世界に入り込むような感覚で、エスプレッソドリンクを堪能する。まるで自分にとって大切な一冊の本のように、自分だけの大切な一杯と出会う場所となることを願っています」