スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックスとThink Labによる、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗 「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」7月30日(木)、銀座にオープン

スターバックスとThink Labによる、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗 「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」7月30日(木)、銀座にオープン

プレスリリース(2020/07/29)

2020/07/29

スターバックスとThink Labによる、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗
「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」7月30日(木)、銀座にオープン

●ビジネス利用の快適さを追求し、予約席などを取り入れた「SMART LOUNGE™」
●JINSの集中研究によって生まれたソロワーキングスペース「Think Lab」
●新しいはたらき方を支える「Co-Work(コワーク)」「Solo-Work(ソロワーク)」を併せ持つ空間構成
●モバイルオーダー&ペイやキャッシュレスで、クイックでスマートな購買体験

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社〔本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口貴文〕は7月30日(木)、銀座に「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープンします。

はたらく人のための「夢中になれる場所」をコンセプトにした店舗の2階部分は、特にビジネス利用を意識し、株式会社Think Lab〔本社所在地:東京都千代田区、代表取締役(CEO):田中仁、以下Think Lab〕と、スターバックスそれぞれの持つ特長的なサービスを踏襲し、共に創り上げたユニークな空間です。予約可能なブース席やミーティングスペースなどビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE™」と、アイウエアブランドJINSの集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存する店舗となります。

ひとりで集中して考えたり、人とつながりアイデアを共有したりし、創造する。
オンラインミーティングに快適なブース席や組み合わせ自由なテーブル席が用意された「SMART LOUNGE™」と有料制のソロワーキングスペース「Think Lab」を店内に取り入れることで、コーヒーを片手に「Co-Work(コワーク)」と「Solo-Work(ソロワーク)」を選択できる特長ある店舗空間で、変化するワークスタイルに合わせた新たな「はたらき方」を提案します。

■1階だけで、クイックなTOGO(持ち帰り)体験。モバイルオーダー&ペイも対応
スターバックスの本格的なドリンクやフードを取りそろえた1階で商品の注文と受け取りが完結でき、クイックなカフェの利用が可能です。キャッシュレス支払いにも対応するほか、事前に注文決済できるスターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」の受け取り用の専用カウンターも設置。デジタルを活用した非接触で、スマートかつ安心な購買体験を提供いたします。

■2階フロアは、「夢中になれる場所」。集中、そして、創造の空間。

<Co-Work(コワーク) by Starbucks>
人とつながり、アイデアを共有し、創り上げる

・テレビ電話などに適した予約できるブース席

予約可能な半個室のブース席が4席あり、テレビ電話などで人とつながり、意見を交わすことも、オンラインミーティング前の思考整理にも適しています。40分単位で予約でき、事前の確保も可能です。この席の予約システムは、株式会社バカンと共同開発したサービス(https://keep.vacan.com)を採用しています。

・複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席

窓際のテーブル席はテーブルを組み合わせて、2~12人のミーティングや商談、ディスカッションに便利です。リラックスした空間で、自由に議論を交わし、ブラッシュアップできます。

<Solo-Work(ソロワーク) by Think Lab>
自分の知を深める最高の集中体験「Think Lab」

・解放される“ひとり”のためのパーソナル空間

集中に最適なスペースの広さ。誰とも目線が合わない空間。他人の動きが気にならない導線。自分の時間を過ごすことに重点を置き設計されています。

・科学によって導き出された五感要素

植物、自然音、気温・湿度、照明、オリジナルアロマなど、エビデンス*1に基づきソロワークに必要な五感要素を科学。集中しやすい環境を提供します。
*1 平成30年度経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業 調査報告書
(https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H30FY/000196.pdf)

・ひとりの時間を予約するアプリケーション
必要なのは欲しい時に、欲しい場所に、ひとりの時間が確保されていること。Think Labのアプリで自分の時間を予約することで、新しいはたらき方を提供します。

コワークスペースは、電源ありのカウンター席やディスカッションに最適なビッグテーブルなど多彩な客席を備えています。さらに、最高の集中環境を提供する、ソロワーキングスペース「Think Lab」を導入することで、オフィスや自宅でカバーできない「夢中になれる場所」を実現していきます。Think Labでは、「集中を予約する」べく、予約/解錠/決済を一括で行うスマホアプリ「Think Lab」(iOS / Android)をご用意しており、15分単位での席予約ができます。

■両社の強み、ノウハウ生かし機会創出。共創して目指す、これから
スターバックスは、地域やニーズに寄り添い、一店舗一店舗異なる個性ある店づくりを進めてきました。全国1,500を超える店舗で日々、お客様とパートナー(従業員)とのつながりを大切にしながら、一杯のコーヒーを通して 「自分の居場所」と感じられる体験を提供しています。また、パートナーの想いをカタチにした店舗づくりも大切なチャレンジにしています。

Think Labは、良い仕事をするためにはコミュニケーションから解放されて、自分だけの時間を持つことが大切だと考えています。多くの方が充実感のある仕事ができるように、集中を科学することで2017年に生まれた新しい「ソロワーキングスペース」を通して、ひとりに最適な空間・時間を提供しています。

日常に寄り添いながら、革新的なライフスタイル提案をし続ける共通の価値観を持つスターバックスとJINSは、2016年より、同一敷地での出店などを契機に両社の強みやノウハウを生かした店舗を軸とした新たな機会創出を探ってきました。1996年、スターバックスが日本に初出店した銀座の地を足掛かりにこの度、新たなチャレンジを始めてまいります。

それぞれのCEOである、水口 貴文と、田中 仁は、以下のように述べています。
「コンセプトにある『夢中になれる場所』を、両社で共創することで実現できたことを大変うれしく思います。ライフスタイルが変化し、一人ひとりのニーズも多様化していくこれからの未来において、何事にも夢中になれる人、1から何かを創造する人、新たな想像を生み出す人、こうした人材が求められていくと考えています。スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店は、そうした人たちを応援することができる『新しい居場所』になっていくと期待しています。両社で共創し、未来に向けて、これからも常に期待を超える、革新的でわくわくする体験を届けてまいります。」

■お客様に安心してご利用いただくための新型コロナウイルス感染症への対策
スターバックスでは、店内において安全対策を一層強化し、飛沫防止ガードの設置や非接触型決済の推奨、ソーシャルディスタンスを保ったレジ列や席配置、テーブルやドアノブなど接触が多い箇所について頻度の高い消毒と衛生管理などを徹底しております。また、Think Lab内においては、手指アルコールの設置、マスク着用の徹底、常時換気、ウイルス除菌99.99%のおしぼり常備、入店時の非接触の検温(有人時間帯:9:00‐18:00予定)、利用済ブースの都度アルコール除菌(有人時間帯:9:00‐18:00予定)などの対策に努めております。

【店舗情報】
店舗名:スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店
住所:東京都中央区銀座3-7-6 CIRCLES 銀座
TEL:03-6228-6715
開店日:2020年7月30日(木)
営業時間:7:00~22:30
面積:220.7m2、Think Lab:69.5m2
座席:55席、Think Lab:17席(300円/15分※税別)

◆スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 https://www.starbucks.co.jp/
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、1996年に東京・銀座に日本第1号店を開業。現在、全世界83か国で32,000店舗以上、日本全国47都道府県において1,581店舗 (2020年6月末時点、ライセンス店舗を含む)のコーヒーストアを展開しております。「人々の心を豊かで活力あるものにするために—ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」をミッションに掲げ、約4万人のパートナー(従業員)が、一杯のコーヒーを通じて、人と人とのつながりと心あたたまるひとときを提供しております。2019年2月28日には、世界5拠点目となる「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」をオープンしました。

◆株式会社 Think Lab https://thinklab.jins.com/jp/ja/
株式会社Think Labは、集中力を測定できるメガネ型デバイスJINS MEMEの研究成果を用いた「世界で一番集中できる場所」というコンセプトで、2017年にアイウエアブランドJINS本社に開発されたワークスペースを企画・運営しています。人の生理データを元に空間設計をしていくスキームで、AGC, Panasonicなど企業の社内向けにソロワーキングスペースの設計を担うBtoB事業として拡大していきました。昨今では、2020年2月にテレワーク時代に沿ったBtoC型のソロワーキングスペースとして「Think Lab汐留店」を開始。今後は、在宅勤務用プロダクトの開発も予定しています。