スターバックス コーヒー ジャパン

地球にも自分にもうれしい、心地よい選択肢ミルクパックをリサイクルしたサステナブルなスケジュールブックSTARBUCKS×キャンパス 第2弾 10月7日(水)より販売開始

地球にも自分にもうれしい、心地よい選択肢ミルクパックをリサイクルしたサステナブルなスケジュールブックSTARBUCKS×キャンパス 第2弾 10月7日(水)より販売開始

プレスリリース(2020/09/30)

2020/09/30

地球にも自分にもうれしい、心地よい選択肢
ミルクパックをリサイクルしたサステナブルなスケジュールブック
STARBUCKS×キャンパス 第2弾 10月7日(水)より販売開始

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社[本社所在地: 東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO): 水口 貴文]は、2020年10月7日(水)より、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)の長年愛され続けるノートCampus*とのコラボレーション第2弾、「2021 スターバックス キャンパススケジュールブック」を全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)およびスターバックス オンラインストアにて発売いたします。【*Campusはコクヨ株式会社の登録商標です】

スターバックスは、コーヒーやラテをお客様に提供した後に残ってしまうコーヒーの豆かすやミルクパックを、有効な資源として活用するために、業界を超えた人たちと連携し、リサイクルを進めています。実現に向けて、限りある資源を最後まで大切に活用して、循環させる仕組みをつくることに積極的に取り組んでいます。その活動の一つとして、2010年よりミルクパックのリサイクルを開始し、店舗で使用するペーパーナプキンやお手拭きなどに加え、2019年8月からは、スターバックス キャンパスノートとして、お客様にお届けしてきました。これらの活動を通じて、お客様に購入いただく商品が、ご自身にも地球にも嬉しく、また、心地よい選択肢となるよう、ご提案を続けています。

「2021 スターバックス キャンパススケジュールブック」は、全国のスターバックス店舗から年間約1,000トン排出されるミルクパックをリサイクルし、表紙に利活用したスケジュールブックです。ミルクパックは、パートナー(従業員)が、毎日ひとつひとつ丁寧に手洗いと乾燥し、回収しやすい形にまとめます。ミルクパックをごみではなく、資源として大切に扱い、「人の手から手へ」想いをつなぐ、新たな価値の商品として再生し、お客様の「手」へとお届けしてまいります。
(リサイクルの様子を収めた動画: https://youtu.be/iHESYNUuo5U)

※写真はイメージです

スケジュールブックの各月の扉ページには、スターバックスのコーヒー豆のパッケージデザイン、ストーリー、味わいのキーワードや特徴をデザインしました。2021年の始まり、1月のデザインはスターバックス発祥の地の名を冠した『パイクプレイス® ロースト』です。このコーヒーは、スターバックスのコーヒー焙煎の知見と想い、お客様の声からつくられたブレンドです。フォーマットは、日本の曜日・祝日の表記に対応した週間レフト式で、右ページに方眼のメモを備えました。年間を通してお気に入りのコーヒー、スケジュールブックとともにコーヒージャーニーをお楽しみください。

■商品名・価格:
『2021 スターバックス キャンパススケジュールブック』
【カラー:ホワイト/ピンク】 各¥2,100
B6サイズ/ 2020年12月始まり~2021年12月/ マンスリー&ウィークリー(月曜始まり)/ 176ページ
※中身はホワイト/ピンク共通です。
※表示価格は本体価格(税抜価格)
■販売期間: 2020年10月7日(水)~なくなり次第終了
■取扱店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)及び、オンラインストア

各月の扉ページ

マンスリーページ

ウィークリーページ

2021/2022 カレンダー ページ