スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2009/02/16)

プレスリリース(2009/02/16)

プレスリリース(2009/02/16)

2009/02/16

横浜市子育て家庭支援事業「ハマハグ」に参加
~こどもとお出かけする毎日を、もっとしあわせに。~

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 (本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 最高経営責任者(CEO)兼最高執行責任者(COO):マリア・メルセデス・エム・コラーレス) は、地域に根ざした活動の一環として、横浜市の子育て家庭応援事業「ハマハグ」に参加いたします。

 

子育て家庭応援事業「ハマハグ」は、横浜に暮らす方だけでなく横浜を訪れた方も含めたすべての子育て家庭を、地域社会全体であたたかく見守り応援する街づくりを目指す横浜市の活動です。

 

このたびスターバックス コーヒーは、その趣旨に賛同し、横浜市内の全店舗(計35店舗)を参加登録することといたしました。対象となる店舗にはステッカーを表示し、お子様向けドリンクメニューや、粉ミルク用のお湯の提供、一部店舗ではお子様用のイスを設置するなど、ご要望に応じて子育てを応援するさまざまな支援を行ないます。

 

横浜地域を統括しているスターバックス コーヒー ジャパン 山本浩丈エリアマネージャーは、「ハマハグで提供するサービスは、自宅や職場とは異なるサードプレイス(第三の場所)を提供したいと願うスターバックスが普段から心がけていることです。ハマハグに参加することで、少しでも地域の方々にコミュニティの一員として認識していただき、店舗をご活用いただけるようになればうれしく思います。」とコメントしています。

 

スターバックス コーヒーでは、地域との信頼関係を構築し、つながりを深めていく活動に力を入れています。今後も引き続き、パートナー(従業員)がコミュニティに貢献できる喜びを分かち合いながら、それを誇れる会社でありたいと考えています。

 

 

 

【活動概要】

スターバックス コーヒーは横浜市子育て家庭応援事業「ハマハグ」に参加登録し、ご要望に応じてさまざまな支援を行なうことで、子育て中・ご妊娠中のお客様でもくつろげる空間、ご利用いただきやすい環境をご提供いたします。

 

【実施期間】

2009年2月16日から

 

【主なサービス】

・粉ミルク用のお湯の提供
・お子様向けのドリンクメニュー
・ディカフェ(カフェインレス)ドリップコーヒーの提供
・お子様用のイスの設置 (一部店舗のみ)

 

【参加店舗】

横浜市内全35店舗

 

西区 横浜北幸店/横浜シァル店/横浜モアーズ店/横浜西口店/横浜ビブレ店/横浜ランドマークプラザ店/横浜[アット!]店/TSUTAYA 横浜みなとみらい店
中区 桜木町駅前店/横浜元町店/関内馬車道店/関内伊勢佐木モール店/横浜公園店/横浜チャイナタウン店/横浜ワールドポーターズ店
鶴見区 横浜鶴見店
都筑区 センター南店/港北ノースポート・モール店/モザイクモール港北店/蔦屋書店/港北ミナモ店/ららぽーと横浜店
港北区 日吉店/新横浜店/キュービックプラザ新横浜店/新横浜3丁目店/大倉山駅前店
保土ヶ谷区 横浜ビジネスパーク店
旭区 二俣川西友店
戸塚区 東戸塚オーロラシティ店/戸塚店
青葉区 青葉台東急スクエア店
金沢区 横浜ベイサイドマリーナ店
磯子区 らびすた新杉田店
港南区 ウィング上大岡店
緑区 アピタ長津田店

 

 

 

  子育て家庭応援事業「ハマハグ」 ホームページ
http://www.hamahug.jp/