スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2013/06/05)

プレスリリース(2013/06/05)

プレスリリース(2013/06/05)

2013/06/05

スターバックス ブランドのエナジードリンク 「スターバックス リフレッシャーズ® ベリーベリーハイビスカス」 「 同 クールライム」新発売
-グリーンコーヒーから抽出したカフェインと果汁を組み合わせた大人向けの新しいエナジードリンクが登場-

スターバックス・コーポレーション(本社:米国 シアトル、最高経営責任者:ハワード・シュルツ)と、サントリー食品インターナショナル株式会社(本社:東京都、社長:鳥井信宏)は、エナジードリンク「スターバックス リフレッシャーズ® ベリーベリーハイビスカス」「 同 クールライム」を、6月25日(火)から全国の「セブン‐イレブン」※で先行発売します。
※2013年5月末現在、15,458店舗

近年、若者を中心にエナジードリンクの人気が高まっており、2012年の販売数量は2009年と比較して約6倍の規模にまで成長する(サントリー調べ)など、市場も年々拡大しています。こうした中、スターバックス ブランドの新しい缶入りエナジードリンクとして「スターバックス リフレッシャーズ® ベリーベリーハイビスカス」「 同 クールライム」を発売します。

「スターバックス リフレッシャーズ®」は、アラビカ種の焙煎前のグリーンコーヒー(生豆)を使用した画期的な新しいエナジードリンクです。アメリカで昨年発売し、その独特の味わいは大変ご好評いただいています。今回、日本人の嗜好に合わせた中味に仕上げ、“リフレッシュしたい時にもぴったりの大人向けのエナジードリンク”として「スターバックス リフレッシャーズ®」を新発売することで、エナジードリンク市場のさらなる活性化を図ります。

●中味の特長
グリーンコーヒーから抽出したカフェインや高麗人参エキス、ビタミンB6といった“エナジー成分”に、心地よい刺激の炭酸とほどよい酸味の果汁を加えることで、“リフレッシュしたい時に、エナジーチャージと爽やかな味わいを楽しめる”、新しいタイプのエナジードリンクです。「ベリーベリーハイビスカス」はベリーの味わいとハイビスカスの香りが、「クールライム」はライムの味わいとミントの香りが特長の中味に仕上げました。

●パッケージの特長
「スターバックス」のロゴを正面に配し、シルバーを基調に、果汁由来のおいしさを表現したスタイリッシュで品質感のあるパッケージデザインです。飲みきりにぴったりな200ml缶を採用しました。

両社は、2005年に「スターバックス ディスカバリーズ®」を発売し、チルドカップコーヒー市場に参入。高付加価値の商品群「プレミアムカテゴリー」を新たに創造し、好調な販売を続けています。今回の「スターバックス リフレッシャーズ®」に続き、今後もスターバックス ブランドならではの新しい価値を提供していきます。

商品画像商品画像

― 記 ―

▼商品名・容量・希望小売価格(税抜)
「スターバックス リフレッシャーズ® ベリーベリーハイビスカス」
「スターバックス リフレッシャーズ® クールライム」
200ml缶 191円

▼発売期日・発売エリア
2013年6月25日(火)
全国の「セブン‐イレブン」※で先行発売
※2013年5月末現在、15,458店舗

▼商品情報(ホームページ)
http://www.starbucks.co.jp/rtd
※情報公開日は6月25日(火)です。

以上