スターバックス コーヒー ジャパン

プレスリリース(2014/01/15)

プレスリリース(2014/01/15)

プレスリリース(2014/01/15)

2014/01/15

~ その気持ちにドリンクを添えて ~
スマートフォンやパソコンから、気軽にスターバックスのドリンクを贈れるサービス
“Starbucks e-Gift”が本日よりスタート

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 (本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO): 関根 純) は、2014年1月15日(水)より、インターネット上のギフトカード販売サービス“Starbucks e-Gift” を開始いたします。

“Starbucks e-Gift”は、バーチャルのギフトカード(オンラインチケット)にメッセージを添えて、スマートフォンやパソコンからご友人等へ気軽に贈ることができるサービスです。誕生日やバレンタインなど、イベントや季節に合わせたテーマの中からデザインを選び、メッセージを入力して、Facebook・mixi※1・LINEのメッセージ機能や電子メールで贈ることができます。オンラインチケットを受け取った方は、全国のスターバックス店舗で、カスタマイズをしたものを含む500円までの全てのドリンクとオンラインチケットを引き換えることができます。
“Starbucks e-Gift”は、スターバックス公式ホームページのほか、2014年1月31日(金)から株式会社ミクシィ(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:朝倉 祐介)が展開するソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)「mixi」上においても販売いたします。尚、今後販売チャネルを順次拡大していく予定です。

ソーシャルギフト※2市場は、今後拡大していくことが予想されています。SNS上では毎日数万人が誕生日を迎えるといわれており、ソーシャルギフトへのさらなるニーズの拡大が期待されています。

スターバックスでは、1996年の日本初出店以来、サードプレイス(家庭や学校・職場に次ぐ第3の生活拠点)をお客様に提供し、ご満足いただける店舗環境づくりやサービス向上に努めています。今後も、店舗に留まらないサービスの充実を目指し、新しいスターバックス体験の機会を提供することでお客様の満足度を高め、継続的により深い絆を育めるよう取り組んでまいります。

※1 スターバックス公式ホームページで購入した場合は、FacebookとLINE、電子メールにて送信可能です。mixi上の友達へのダイレクト送信は、mixiで購入した場合のみ可能です。
※2 SNSなどのソーシャル・メディアを通じて、ギフトを贈ることができるサービスの総称。

 

【Starbucks e-giftのサービス概要】

eGift画像■サービス開始日: 2014年1月15日(水)
※mixiにおける販売は、2014年1月31日(金)からです。

■販売価格:500円

■販売チャネル:スターバックス公式ホームページ、ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」
・スターバックス: http://gift.starbucks.co.jp/
・mixi: http://mixi.jp/gift_top.pl

■オンラインチケット引き換え場所:全国のスターバックス店舗

■引き換え可能な商品:500円(税込)までのお好きなドリンク
※500円(税込)を超える場合、超えた金額をお支払いいただきます。
※500円(税込)未満の商品と引き換えた場合、釣り銭は出ません。

■有効期限:オンラインチケット販売日の4ヵ月後の月末まで

■オンラインチケットの届き方: Facebookのダイレクトメッセージ、 LINE、 電子メール及びmixiでの受信